JAPAN SYSTEMS Driving for NEXT NEW with Comfort and Convenience

社員のマイナンバーってどう扱えばいいの? ~マイナンバーセキュリティ対策【利用者編Chapter②使う】~

特定個人情報はどう扱えばいいの?

企業において、実務担当者が従業員の特定個人情報を取り扱うのは、源泉徴収票や社会保障の手続書類など、マイナンバー法で定められた場合の事務処理です。従業員に個人番号の提出を求め、所定の書類に記載し、行政機関や健康保険組合などへ提出するといった流れになります。 従業員の特定個人情報の取り扱いには、マイナンバー法に基づく厳格な制限があり、必ず守らなければなりません。具体的な制限等は、政府の「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン事業者編」として公開されています。ポイントは、マイナンバー法で定められている事務処理の範囲でしか、マイナンバーを利用・提供・収集できない点です。個人情報保護法とは異なり、本人の同意があったとしても、規定された範囲以外には使えません。

民間事業者における個人番号の取り扱い

mncolumn_image02.png

次回は自社でマイナンバーを適正に取り扱うにはどうすればいいの? ~マイナンバーセキュリティ対策【管理者編Chapter②使う】~です

マイナンバーセキュリティコラム一覧

Adobe® Reader®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。

Adobe® Reader®のダウンロード

お問い合わせ