BizRobo!

ソリューション概要

2018年よりRPAテクノロジー社「BizRobo!」のパートナー企業である当社では、RPA導入による自治体の庁内業務、一般企業の事務業務の効率化を提案しています。ソフトウェアロボットにルーティンワークを託すことで、人手不足による作業負担を軽減したり、より創造性の高い仕事に人手を回したりすることが可能です。

下記のご要望の方におすすめの
製品・ソリューションです

  • 高い精度を必要とする定型・ルーティンワークに割いている人手を別業務に配置したい
  • 煩雑でミスが許されない事務作業中心の業務をコアワーク中心の働き方にシフトしたい
  • 行政経営支援サービス「FAST」をより効率的に活用できるRPAを導入したい

「BizRobo!」とは

BizRobo!は、単純な事務作業をソフトウェアロボット(Digital Labor)に代行させて業務自動化を図ることで、バックオフィス業務の生産性を革新するデジタルレイバープラットフォームです。情報の転記作業や印刷業務、情報収集、数字集計、入力作業などのいわゆるルーティンワークに割く時間は、業務時間の5割程度だと言われています。BizRobo!はロボットやIT技術を駆使することで、バックオフィス業務のルーティンワークから解放。人とロボットが協働して働く、新しい業務オペレーションを実現することで、社会全体の生産性向上に貢献します。

RPAツールでBizRobo!が選ばれる
3つの理由

当社がパートナー企業として案内するBizRobo!は、これまで多くの企業に選ばれてきたRPAツールです。導入したお客様から数多くの信頼と安心の声をいただいています。BizRobo!が選ばれる3つの理由について紹介します。

理由1:100,000ロボット超の
開発・運用実績と10年以上のノウハウ

BizRobo!の製造元であるRPAテクノロジー社は、100,000ロボット超の開発・運用実績とRPA事業10年以上のノウハウを蓄積しています。そのため、RPAに関して広域に対応しており、導入時の検討準備から体制構築、全社的な取り組みを見据えた展開までをサポートできます。これまでの実績とノウハウに基づく、幅広い対応力は大きな長所と言えます。

理由2:業務に合わせたクラウド型・サーバー型の製品ラインナップ

当社では、業務内容や庁内のニーズに合わせたBizRobo!の提案を行っています。面倒なインフラ運用管理が不要のクラウド型(BizRobo! DX Cloud)、1ライセンスで無数のデジタルレイバーを稼働させられるサーバー型(BizRobo! Basic)とご要望に合わせた製品案内をしています。

理由3:1,560社以上の導入実績に
基づく充実サポート

BizRobo!には1,560社以上という実績があり、ユーザー様限定での情報共有も行っています。構築運用ナレッジベース・構築研修用ウェブサイト・テクニカルサポート(BizRobo!広場)・BizRobo!ユーザー会など充実のサポート体制を完備しています。

「BizRobo! Family Awards 2020」で専門領域表彰「自治体」を受賞

BizRobo!には年に一度、製品・ソリューションの「大衆化」「スケール化」「高度化」に大きく寄与・貢献したパートナー企業に贈られる表彰があります。当社は、公共領域におけるBizRobo!の普及・活用推進において顕著な実績を残したパートナーとして、2020年は専門領域表彰「自治体」を受賞しました。

2019 年リリースした自治体向け財務会計システム「RPA for FAST」が、『新たにRPA技術を習得することなく、効率的に短期間でRPAを導入できるサービス』という高評価を受けました。自治体業務効率化支援を継続的に行ってきた当社の取り組みが評価されたと認識しています。

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

関連ソリューション一覧

ジャパンシステムについて