エネルギー業ユーティリティ
システム開発実績

Energy Industry System Development

エネルギー事業
アジャイル クラウドネイティブ テレワーク

システム開発概要

ソフトウェアとITの先進技術で日本の社会基盤を支える、ジャパンシステム株式会社のエネルギー業ユーティリティシステム開発実績のページです。当社ではエネルギー関連事業の中でも、自由化された電力市場を監視・分析する「電力市場監視・分析支援システム」の構築を担っています。発電会社様・小売事業者様・卸電力取引所様から受領する大量のデータをさまざまな観点から分析し、お客様にとって有益で分かりやすいデータに還元することを心がけています。

エネルギー業ユーティリティシステムの開発実績

当社は日本でも有数のエネルギー供給会社のシステム開発をしています。2016年の電力全面自由化に伴い、近年では多くの事業者が電力市場に参入しました。当社のお客様においても激化するエネルギー産業で生き残るためにも、技術革新やイノベーション創出が不可欠と言えます。

そのため、当社では「アジャイル」「クラウドネイティブ」を軸に、スピード感持ったシステム開発を展開し、お客様と一緒になって課題解決をしています。働き方においても、「完全テレワーク」化へ積極的に取り組み、仮説検証を繰り返すことで様々な成功体験、失敗体験のナレッジを得ることがきました。結果的に、マネジメント面から見直しを行い、現在ではオンサイト以上の効率化を実現出来る体制を整えています。

『Check Point:
アジャイル開発でお客様の
要件の価値化に成功 』

当社のエネルギー系システム開発においては、プロダクトオーナーであるお客様の要件を価値化することが最大のミッションです。

近年ではエネルギー事業の自由化によって新規参入のハードルが下がったことで、競合となる企業が確実に増加しています。いくら大手だとしても、この競争に勝ち抜く知恵と戦略が不可欠です。当社では、クラウドネイティブでライトなシステム構築を実現し、また仮説と検証を繰り返しながら、お客様のニーズを的確にとらえたソリューションを提供しました。お客様の要件を価値化することで、激しい競争を勝ち抜く礎となるはずです。

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

関連システム開発一覧

ジャパンシステムについて