現在地

セキュリティソリューション

お問い合わせ

ジャパンシステムが提供するセキュリティソリューション紹介のページです。
「ARCACLAVIS(アルカクラヴィス)」をはじめとして、リモートアクセス、認証印刷など、様々なラインナップがございます。お気軽にお問い合わせ下さい。

不正アクセスをリアルタイムに検知し、自動的に遮断SMART Gateway(スマートゲートウェイ)

SMART Gatewayは、世界で唯一の独自技術によりエージェントレスで「操作コマンドのリアルタイム監視」が可能です。運用担当者IDの一元管理とコマンド監視により、不正操作を検知し、即座に通信を自動遮断し、情報漏えい被害を軽減します。

従来のセキュリティインシデント対応は、発生後にログを収集し分析する「事後対応」でしたが、SMART Gatewayは「リアルタイム対応」を可能にする画期的なソリューションです。

標的型攻撃対策Check Point SandBlastアプライアンス

標的型攻撃により巧妙に侵入したマルウェア(図①)は、システム内に潜伏し攻撃者から遠隔操作されて、重要情報を外部に持ちだそうとします。この時に外部との通信が発生します(図②)、マルウェアによる不正な通信を検知し、ブロックすれば標的型攻撃による情報漏えいを防ぐことができるので(図③)、情報の出口に焦点をあてた、出口対策が重要になります。

自治体情報システム強靱性向上モデルソリューション

総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームが11月に発表した「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて(報告)」では、マイナ ンバー制度が施行されるまでに、庁内の住民基本台帳システムがインターネットを介して不特定の外部との通信を行うことができないようになっていることを確 認することが望まれる、と提言されました。
ジャパンシステムでは、ネットワーク分離の方法について、インターネット系、情報系、基幹系と3つのシステムを物理的に分離するのは、業務効率とコ ストの両面から厳しいとお悩みの自治体様へ、「自治体情報システム強靱性向上モデル」に対応するセキュリティソリューションをご提供します。

インターネット分離・リモートブラウザSecureWebBox(セキュア ウェブ ボックス)

画面転送技術を採用しているので、専用端末は不要です。従来の内部情報系の端末で、安全にインターネット利用を可能とし、「自治体情報システム強靱性向上モデル」へ対応します。

ファイル無害化「VOTIRO(ボティーロ)Secure Data Sanitization」

総務省の自治体情報セキュリティ対策検討チームが11月に発表した「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化に向けて(報告)」では、マイナンバーによる情報連携に活用されるLGWAN環境のセキュリティ確保のため、LGWANを活用する業務用システムと、インターネットに接続するシステムとの通信経路を分割し、両システム間で通信する場合には、ウィルスの感染のない無害化通信を図ること、と提言されました。

脅威検索プラットフォーム「Tanium(タニウム)」

今、ネットワークに接続されているコンピュータの台数は?
すべての稼働中のアプリケーションのハッシュ値は?
暗号化Webセッションを使って、企業データを外部に漏えいしているプログラムは?

Taniumなら、こうした課題にとどまらず、たとえ数百万台規模のエンドポイントでも、15秒以内で最善の解決策を特定します。

不正侵入防御システム 「TippingPoint」

TippingPointは、ネットワークの境界に導入し、様々な「外部から」、「外部へ」の攻撃を双方向で守ることができるネットワーク型不正侵入防御システムです。
「仮想パッチ機能」により、ネットワーク上にパッチを適用した状態と同等の環境を作り、サポートが切れてしまったOS(レガシーOS)にセキュリティ対策を施すことが可能です。

アクセス管理ソリューション iSSO「ARCACLAVIS Ways SSO」

ID・パスワードの種類が多く覚えられない、パスワード変更に手間がかかるなどアクセス管理の課題は増加しています。
iSSO「ARCACLAVIS Ways SSO」はID・パスワードにまつわる様々な課題を解決するクラウド対応ソリューションです。
Android/iPhone/iPadなどのスマートデバイスでも利用でき、NFC対応AndroidでのICカード認証もサポート。利便性とセキュリティ、両面の向上に活用いただけます。

PCセキュリティソリューション「ARCACLAVIS」シリーズ

FeliCaやMifareなどのICカードによる二要素認証を中心に「簡単・安全・確実」に運用ができるPCセキュリティ製品「ARCACLAVIS」シリーズです。 シングルサインオン、暗号化、デバイス制御などの機能で企業や団体におけるエンドポイントの情報漏えい対策を強力に支援します。

マイナンバー対応情報セキュリティリスクアセスメントサービス

情報資産が「どこに」「どのような状態で」保有されているかをわからずに、ただやみくもに情報セキュリティ対策を講じても、有効な対策とは言えません。
ジャパンシステムが提供する「情報セキュリティリスクアセスメントサービス」は、事業特性や業務特性に応じた実効性のある情報セキュリティ対策を支援します。

ID管理ソリューション 「JINPRO」

管理者は社内に存在する大量のシステム毎のID管理、パスワードのリセットなど、日々のアカウント管理業務に追われています。「JINPRO」はワークフロー機能+自動プロビジョニング機能で、社内利用システムのアカウントを一元管理し、リアルタイムなアクセスコントロールを実現します。

仮想USBマネジメントシステム「VUMS」

VUMS(仮想USBマネジメントシステム)は、シンクライアント端末やファット端末に挿入したUSBデバイスをサーバ側で一元的に統合管理するツールです。
USBデバイスの使用可・不可、USBメモリの書き込み許可・不可の設定など、細かな管理が可能です。

標的型攻撃・APT対策ソリューション「FireEye」

クライアントへの標的型攻撃では、ターゲットの社内システムに存在するクライアントPCを、EmailやWebを経由した攻撃によりマルウェア感染させ、遠隔操作を可能にするプロセスを確立します。これまで標的型攻撃のセキュリティ対策として使用されてきたサンドボックス検知は、攻撃者により回避策が確立されており、対策する事が難しくなっています。FireEyeは独自のMVXエンジン(Multi-Vector Virtual eXecution engine)を使用した非常に高いセキュリティ能力で標的型攻撃から企業を守ります。

認証印刷ソリューション「SecurePrint!」

情報漏洩問題が注目されている昨今ですが、紙媒体からの情報漏洩は増加する傾向にあります。
マルチメーカ対応認証印刷ソリューション、「SecurePrint!」を使用してICカードによる認証印刷を導入すると、印刷物の放置や取り間違えがなくなり、紙媒体からの情報漏洩をシャットアウトする事ができます。さらに、印刷物の放置がなくなる事により、印刷コストの削減にも繋がります。また、印刷出力環境の共通基盤として「SecurePrint!」を導入することにより、メーカーごとに異なる認証印刷システムの導入や、サーバ構築が不要となります。ビジネス背景(入札・取引関係など)から、複合機・プリンタのメーカーを統一できないが、「統一したシステムで認証印刷を実施したい」「運用負荷(オペレーションコスト)を下げたい」といった、管理者のニーズを「SecurePrint!」が実現します。
これまで利用していた複合機・プリンターの機能・操作パネルなどの、インタフェースをそのままに、お客様が常に最適かつ最新の機能を、ニーズに応じて選ぶことができ、ベストプライスで段階的な導入を実現します。

特権ID管理ソリューション

各システムへの本番データの参照、操作が可能な特権IDや特権ユーザ(Administrator、root、system等)の管理を簡単・低コストに実現できるソリューションです。
ICカード貸出による特権ID許可、利用者に特権IDのパスワードを教えない運用、認証ログによる利用状況の把握を実現できるためセキュリティは万全です。

リモートアクセスソリューション「PlatformV System」

専用のUSB認証キーを利用して、オフィスのPCやサーバへセキュアなリモートアクセスを可能にします。
出張先や自宅など出先からインストール不要で誰でも利用でき、在宅勤務、災害対策、サテライトオフィスなどのテレワークをより快適にサポートします。
今あるICT資産はそのままに、BCP対策の環境をリーズナブルに構築できます。

お問い合わせ

サービスに関するお問合せ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

製品情報・ソリューション

ソリューション


サービス