現在地
不正アクセスをリアルタイムに検知し、自動的に遮断

SMART Gateway(スマートゲートウェイ)

サービスに関するお問合せ

SMART Gateway

情報漏えいをリアルタイムに検知、遮断

SMART Gatewayは、世界で唯一の独自技術によりエージェントレスで「操作コマンドのリアルタイム監視」が可能です。運用担当者IDの一元管理とコマンド監視により、不正操作を検知し、即座に通信を自動遮断し、情報漏えい被害を軽減します。

従来のセキュリティインシデント対応は、発生後にログを収集し分析する「事後対応」でしたが、SMART Gatewayは「リアルタイム対応」を可能にする画期的なソリューションです。

smartgateway_img01.PNG

SMART Gatewayの特徴

不正操作のリアルタイム検知

世界で唯一の独自技術により、操作コマンドをリアルタイム監視します。
禁止コマンドの実行検知、実行回数に応じて、メールでのアラート通知、通信遮断が可能です。例えば、コピーを複数回実行すると即座に検知するなどの設定が可能です。

インシデントの調査・報告を強力にサポート

管理画面から高度な分析が容易に行えます。直感的なGUIなため、SMART Gatewayの操作に特別な教育は不要です。対象となるユーザや端末を指定し、操作履歴をCSV出力することで、報告書の作成や、証拠提出に利用できます。
キーボード操作とコマンド応答をすべて記録・再生可能なため、不正操作の抑止と、運用品質の向上が可能です。

SMART-GW-1.png

Windows サーバとクライアントの監視にも対応

システム管理者以外の内部不正や、情報漏えいに対する抑止効果、不正操作の制限や検知が可能です。

【ログオン・ログオフ】 いつ、誰が、どのアカウントでログオンし、いつログオフしたのか?
【アプリケーション起動】 いつ、誰が、どこで、どのアプリケーションを起動したのか?
【ファイル操作】 いつ、誰が、どこで、どのファイルに対して操作したのか?

smartgateway_img02.PNG

特権ID管理と適切な運用

運用担当者IDの一元管理し、有効期限を設定した、適切なIDの運用管理を提供します。
パスワードスワップ機能により、特権IDの実パスワードを隠匿し、安全性の高い運用が可能です。
不正操作時には、アカウントを自動的に無効にし、被害の拡大を防止します。

SMART Gatewayの導入実績

導入先 利用事例
  • 官公庁
  • 大手金融機関
    (メガバンク)
保守業務のすべての操作を記録し、監査ログとして利用
  • 大手通信事業会社
ソフトウェアリリースの手順において、リリース対象サーバ等のミス防止に利用
  • サービスプロバイダー
  • 地方・海外の遠隔拠点
情報漏えい対策としてすべての操作を記録し、作業ログを教育・引き継ぎ業務に利用
  • 医療機関
情報漏えい対策としてすべての操作を記録・保存
  • システムインテグレータ
作業ログを保存し、教育・引き継ぎ業務に利用
お問い合わせ

サービスに関するお問合せ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

製品情報・ソリューション

ソリューション


サービス