行政経営支援サービス

JAPAN SYSTEMS Driving for NEXT NEW with Comfort and Convenience

ITで支える、日本の社会基盤

ITで支える、日本の社会基盤

News

お知らせ

一覧ページへ

効率的な行政経営と魅力的なまちづくりを
サポートするITソリューション

地方分権改革が進展し、少子高齢化・人口減少時代が到来した日本では、住民自治の重要性が高まっています。また今般のコロナ禍により厳しさを増す財政の将来見通しや自治体デジタル化への対応など課題が浮き彫りとなりました。ジャパンシステム株式会社が自社開発した行政経営支援サービス「FAST財務会計」は、財務会計業務を幅広くカバーすることで庁内業務の効率化や生産性向上、自治体デジタル化に向けた取り組みに貢献。効率的な行政経営と魅力的なまちづくりの実現を支援します。

FASTとは

効率的な行政経営の実現に関する課題とソリューション

  1. 幅広い財務会計業務の効率化をしたい
  2. 公会計システム導入から財務4表作成までサポートして欲しい
  3. 財務会計の伝票決裁~会計審査の
    デジタル化を実現したい
  4. 内部情報系システムを、安心、安全な
    クラウドサービスで利用したい
  5. 事務的な単純作業やルーティン作業の業務効率化をしたい

WORKS 導入事例

行政経営支援サービス「FAST財務会計」を導入していただいている全国の自治体様の事例を紹介します。250を超える団体様への導入実績があります。

行政経営支援サービス「FAST財務会計」の徳島県藍住町での導入事例をご紹介しています。機能追加・改修を最小限度にすることで、導入に要する期間及び費用の抑制を実現。

BPR推進、BPO、働き方改革、自治体間での共同利用や広域化など、自治体を取り巻く環境の変化に対して、柔軟な対応・提案を期待しています。

将来的な共同利用への展開を視野に入れた、サービスの継続的更新と、長期的な利用を支える体制・保守・各種提案を期待しています。

システム機能だけでなく、エンジニアによる迅速且つ満足度の高いサポートを高く評価し、継続利用しております。

システム機能のみならず、エンジニアによる迅速且つ満足度の高いサポートを高く評価し、長期に渡る継続利用を期待している。

継続利用の効果の一つとしては、予算に対する説明責任を果たすツールとして、職員の適正な予算執行に対する意識付けを行うことができました。

「業務最適化、働き方改革を見据える中で、手厚いサポート、使い勝手や機能性に優れた内部情報系システムを利用することができ、大変満足しております」

平成31年2月に「第4次豊中市総合計画前期基本計画行政評価指針」を作成し、その指針に基づきPDCAサイクルを着実に回していくためには、システムの改修が必要となった。また、事業計画の実施、評価についても、見直しを行い、予算システムとの更なる連動等が必要であった。

カスタマイズを抑制するために、運用をシステムに合わせることを全体の導入方針とした。パッケージ有効活用のために、パッケージの標準機能の充実度合いを重要評価項目とした。

職員の負荷を最小限に抑えて業務効率化を実現し、各課で求められる機能を実装できるカスタマイズが容易であること、現在までのシステム評価と専門性の高い技術者による保守対応を高く評価した。

システム更新に伴う更新費用のコスト削減は勿論、職員の作業負担を軽減する必要があった。また、公会計システムの導入についても、費用対効果に優れ職員の作業負担軽減が期待できるシステムの導入が求められていた。

業務の標準化を行ってカスタマイズを極力抑えるとともに物品契約・備品管理機能を統合する。また、財務情報を積極的に活用すべく、「複式簿記・日々仕訳」に対応したシステムを導入する。

「各システム間の柔軟なデータ連携」、「豊富なEUC機能」を備え、これまでExcelで運用管理していた備品管理・公有財産管理業務をシステム機能に含むことで、管理業務の効率化を実現できる点、また「専任技術者による保守体制」を高く評価した。

将来的な「複式簿記・日々仕訳」の導入を検討していたため、新システム導入時点において、「複式簿記・日々仕訳」への対応と、固定資産台帳管理機能を容易に追加できる必要があった。

財務会計システムと行政評価・実施計画システムの連動部分の評価を特に重視した。財務会計システムのみならず、関連する業務システムも同時に導入することで、行財政業務全般にかかる業務の効率化ができることを見込み、選定した。

「創り上げたのは、見たい情報を、見ようと思ったときに、いつでも見られるシステム。今後は、さまざまな切り口から情報を分析し、質の高い行政サービスの創出に向けた事業の改善等に活かしていきます」

導入事例一覧はこちら

PRODUCTS 製品