コンサル業務で培ったスキルや学んだ手法を、公共事業のこれからのビジネスに活かせたら最高。
コンサル業務で培ったスキルや学んだ手法を、公共事業のこれからのビジネスに活かせたら最高。 コンサル業務で培ったスキルや学んだ手法を、公共事業のこれからのビジネスに活かせたら最高。
コンサルタント
『FAST』にこだわらず、新しい視野を養う。
入社してもうすぐ1年という頃、新設のコンサルティング部への異動を言い渡されました。そのときまで公共事業のメイン製品『FAST』の保守業務に携わっており、この先もシステムの開発・運用・保守をやってゆくのだろうと思っていたところの異動で、しかも想像もしていなかったコンサルタント職。正直なところ、できる自信もなくものすごく不安でした。
コンサルティング部の仕事をひとことで言えば、お客様が抱える様々な課題を情報化戦略で解決すること。問題点やその原因を分析し、お客様の要望を満たすシステムを設計する、その後のシステム開発でベンダーのプロジェクト管理等を行うことがミッションです。公共事業の既存のお客さまがターゲットになりますが、自社の製品にとらわれず視野を広くもてることも特徴です。
現在は、当社と業務提携している企業と一緒にコンサル業務を行っています。ビッグデータを活用したデータ分析から、クルマの買い替え時期予測モデル、ビルの空調・電気設備の故障予測モデルの作成といった財務会計とは異質な世界の仕事も経験できています。学生時代に取り組んでいたビッグデータを使った分析・研究が役立ったこともうれしかったですね。異動のときに上司から言われた「財務会計に縛られず、外に出ることでいろんな経験ができ知識も増えてやりがいがあるよ」という言葉の意味を実感しています。
コンサルタントとしての成長を実感。
現在取り組んでいる仕事のひとつは、ある公共団体の基幹業務システムと共通基盤システムの調達支援のPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)。ユーザーにどんな機能を入れたいのかヒアリングして要件定義し、ベンダー入札のための仕様書・評価項目表等を作成、ベンダーが決まったあとはプロジェクト管理の支援を行います。他には並行して、すでに稼働しているシステムのプロジェクト評価も行っています。調達、構築、運用のプロセスや成果物の妥当性を評価し、不適の場合、次期システムの導入の際にどう改善すべきかを提言します。
こうしたコンサル業務を通じて知識の引き出しが増え、仕事の幅が広がり、人脈も広がり、自身にとって大きなステップアップができたと感じています。今後もどんどん受注し、できれば得意なビッグデータの活用を武器に、「公共事業」と「ビッグデータ、AI、IoT」を掛け合わせた案件を獲得し、開発から納品まで全工程を完遂してみたいですね。
M.I
公共事業本部 コンサルティング部 コンサルタント
「できない」「どうすればよいか」を言わない。これにはこだわりたいですね。お客様が抱える様々な課題を解決することがコンサルタントであるため、できないことを実現するための方法を根拠を持って伝えることを意識しています。
就活でも同じ、就職できないことはない。いろいろな情報に惑わされず、自ら行動して自分の目で見て判断するところまでやり抜くことが大切です。他人任せ、他人の言うことに右往左往することなく自信をもって臨んでほしいです。