現在地

車両動態解析ソリューション

サービスに関するお問合せ

Withコロナで人気の高まるマイカー・レンタカー旅行、自然豊かな景勝地へのGo To 誘引など、
車を移動手段とする観光客の周遊促進・消費拡大に貢献。
イベント時の混雑緩和、閑散期のプロモーションへの活用も。

観光による地方創生や地域活性化を推進する自治体などの団体様、観光ビジネスの拡大を目指す事業者様にとって、観光戦略の立案・実行には現状分析と効果測定が欠かせません。
車両動態解析ソリューションは、駐車場や道路に設置したカメラから車両ナンバー情報を読み取り、車両の入退場時刻や滞留時間、周遊ルートや再訪率などの車両動態を地域別・車種別に解析するソリューションです。

これまでデータ化が難しかった、あるいはアナログ的な手法で取得していた車両動態データをデジタルに収集・蓄積することで、精度・鮮度の高い動態情報を客観的かつ多角的に分析することが可能です。

観光施策の立案やプロモーションへの活用、混雑緩和や道の駅の仕入れ管理、インバウンド対応など幅広くご活用いただけます。短期間での導入も可能ですのでぜひお問合せください。

車両動態解析ソリューションの概要

カメラで読み取った車両ナンバー情報から車両動態を可視化し、多角的に分析可能なデジタルデータとして出力します。

車両動態解析データの活用例

観光戦略の立案と効果測定
観光戦略立案・実行には、観光動態の現状分析と効果測定によるデータの可視化が欠かせません。本ソリューションの導入により、これまで車両動態把握が難しかった地域や地点においても、大がかりな設備を要さずに、無人・自動で、継続的に動態データを収集することが可能です。
観光予報
解析データをもとに来場車両台数や属性傾向を分析すれば、シーズンや時期により変動する観光車両の混雑緩和や閑散期対策などに役立てることが可能です。
SDGsへの取り組み
解析データに基づく流入車両数の予測により、道の駅などにおける仕入れ量適正化の実現、フードロス削減や欠品による販売機会逸失の抑制にも繋がります。
COVID対応
他県からの流入車両数の把握・データ化により、地域内への流入コントロールに活かすことが出来ます。
官民共創・人材育成
スクランブル機能により匿名化された解析データは、オープンデータ化が容易です。オープンデータとして民間と共有すれば、新たなビジネス・チャンスの発掘、民間企業の誘致や創業に役立てることができます。
また、本データをSTEAM教育素材として地域の教育機関に提供すれば、特に若年層における地域への興味喚起となり、シビックプライドの醸成にも繋がります。
広域周遊圏の実現
近隣自治体との共同測定や、フェリーや高速道路の利用データなど他の動態データと組み合わせることにより、広域での周遊状況把握が可能となります。
EBPM(Evidence Based Policy Making)の実現
動態データの可視化により、例えば来訪車両の多い地域にターゲットを絞った観光プロモーションも可能になります。またプロモーションの実施結果として、定量的にその効果を測定することが可能になり、自治体におけるEBPMの実現に寄与することができます。

お問い合わせ

サービスに関するお問合せ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

製品情報・ソリューション

ソリューション


サービス