Accertify

ソリューション概要

近年ではテクノロジーの発展により、オンライン決済やネットバンキングなどインターネットを使った電子商取引が急増中です。しかし、利便性が高まる一方で、不正利用被害の件数も同様に増加しています。「Accertify」はそうしたインターネット上での不正取引を検知するクラウドソリューションです。

下記のご要望の方におすすめの
製品・ソリューションです

  • 便利なインターネット取引を活用するうえでは、決済の安全性を確保したい
  • 国際犯罪にも対応できる、海外での運用実績もあるソリューションを導入したい
  • 単にシステムだけを導入するのではなく、自社に適した運用をアドバイスしてほしい

「Accertify」とは

Accertifyは、オンライン決済やネットバンキングなどインターネットを使った不正取引を未然に回避する不正取引検知ソリューションです。クレジットカードやプリペイドカードのほか、ポイント利用での不正やアカウントの乗っ取りに関して検知することで、不正取引を取り締まります。アサーティファイ社が開発したこのソリューションは、全世界での導入実績が豊富です。ソリューションを利用する全ユーザで共有される悪用者情報とお客様個別の設定ルールにより、悪用情報の照合およびカード利用者の属性から悪用の可能性をスコアリング。チャージバックによる損害を削減します。

Accertify Device Intelligenceとの
連携による端末属性情報取得

Accertifyと同時利用される「Accertify Device Intelligence」の端末ID取得機能により、予約登録者の使用する端末(携帯電話やパソコン)に不変のIDを付与。該当端末の属性を取得したうえで、Accertifyのユーザ様に通知します。また、送信元IPアドレスを偽装して不正を行う手段への対策も万全です。Accertify Device Intelligenceは送信元の真のIPアドレスや国の特定、ブラウザやキーボードの言語情報などの取得も可能です。Accertify Device Intelligenceによる端末属性情報とAccertifyとの連携により精度の高い不正検知を実現します。

『Check Point:
インターネット取引における
改善すべき課題』

上記の図のようにクレジットカードの不正利用の被害は年々増加傾向にあります。特に近年では非対面取引において、なりすましによる番号盗用被害が全体被害額の7割以上です。こうした番号盗用の他にも、偽造カードを使った不正購入も急増しており、それに対するチャージバックも同様に増加しています。不正使用は国境を越えて行われており、換金性の高い商品の購入を通して犯罪組織に多額の資金が流出しているとの指摘があります。海外からの非対面取引増加において不正への対策を講じることが必要です。

不正対策における
総合的ソリューションを展開

不正利用を行う面々は日々手法を進化させ、その手口は悪質化の一途を辿っています。Accertifyのような不正検知システムの導入は、不正排除の1つの策に過ぎません。不正に常に目を光らせ排除するプロセスが構築されていなければ、システムが便利であっても効果は期待できないでしょう。当社では不正排除に必要なさまざまな支援サービスを提供しています。Accertifyという不正取引を検知するソリューションを単に提供するだけでなく、それぞれのお客様に最適な形でカスタマイズしたうえで案内やアドバイスを差し上げます。

ジャパンシステムが実施する不正対策の総合的ソリューション

不正排除コンサルティング コンサルティング内容
不正排除プロセス構築支援 不正検知システムを効率的に機能させるための導入前支援です。お客様が経験された不正パターンやビジネスモデルなど要件の把握に努めます。
不正検知システム導入・構築 要件に基づいた最適な構成設計および設定を行ったうえで、各社のご要求に即した不正検知システムの導入を実施します。
不正検知システム運用支援 要件に基づいた最適な構成設計および設定を行います。視化した過去取引データをもとに構成の改善、改修の提案を実施するなど、不正検知システムの運用に関わるサポートをします。
不正傾向分析支援 検知率向上のための製品の紹介・仲介や連携の提案をします。不正傾向の分析および不正検出率向上を支援します。
不正排除プロセス代行支援 お客様のビジネス環境の変化に即した管理画面やレポートのカスタマイズなど、お客様にかわり不正排除プロセスを代行します。

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

関連ソリューション一覧

ジャパンシステムについて