現在地
データフェデレーションソリューション

「TIBCO® Data Virtualization」

サービスに関するお問合せ

全体最適に向けた"仮想"データウェアハウスの実現

「TIBCO® Data Virtualization」は、多様な業務によってサイロ化してしまったデータを統合DWH化することなくアクセスを⼀元化させることのできる仮想化ソリューションです。データソースへの負荷を極力減らしつつ、MPP(Massively Parallel Processing:超並列処理)のアーキテクチャを採用しています。昨今の技術進歩により、データの仮想化もお客様の選択肢の⼀つとなっています。

実現イメージ

様々な業務システムと接続を行い、必要な情報を仮想的に統合した仮想ビューを構築し、公開します。

image01.png

お客様の抱える課題

  • 全社の全データを横断的に参照したデータ活用に、時間と費用がかかる。

  • 統合DWH・ETL機能を検討したが、コストが合うかわからない。

  • 統合DWHを構築したが、データ追加・項目追加の都度、時間と費用が掛かる。

  • 統合DWHを構築したが、データ鮮度を高めることができていない。

  • Webサービス(REST)から取得されるデータを利用したい。

  • 誰が、どのデータを参照していいかの整理が煩雑になる。

導入メリット

  • 統合DWHやETL基盤導入と比較し、短期間で低コストな導入を実現します。

  • 素早い変更により、ビジネス要求速度に応じたデータ提供を実現します。

  • リアルタイムなデータ提供を実現します。

  • ユーザー権限設定、アクセス権限設定、データ(行、列)アクセス設定を一元化し、コンプライアンス確保を実現します。

仮想化だけではない!

-キャッシュ機能

仮想統合したビューはリアルタイムな情報提供になりますが、データをキャッシュ(保存)する機能も有しているため、キャッシュされた情報からのアクセスをすることで、特定時間の断面情報の取得が可能になります。

-ビューの参照元/参照先の探索

対象のビューをもとに、対象ビューを作成するビューだけではなく、対象ビューを利用して作成されるビューを一目瞭然に確認できます。

TIBCO Spotfire®との組み合わせ

TIBCO® Data Virtualizationでの公開先をTIBCO Spotfire®からの検索に限定した利用に限り、TIBCO® Data Virtualizationの機能がTIBCO Spotfire® のオプション機能として、ご提供することも可能です。

ライセンスモデル

単独のソリューション、または、TIBCO Spotfire®のオプション製品としての場合であっても、買取、年間サブスクリプションのライセンスをご用意しています。ご購入を検討されているお客様は、弊社まで、お問合せください。

お客様のご利用方法などをヒアリングさせていただき、最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせ

サービスに関するお問合せ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

製品情報・ソリューション

ソリューション


サービス