現在地

10月25日26日開催「FIT2018(金融国際情報技術展)ヒト×デジタル〜真価と独創性の追求〜 」

お問い合わせ

概要 FIT(Financial Information Technology / 金融国際情報技術展)は、2000年に誕生した、金融総合専門紙「ニッキン」(日本金融通信社)が主催する国内最大の「金融機関のためのITフェア」です。

ジャパンシステムは内部不正対策として、「不正操作の監視による抑止」と「多要素認証による認証強化」のソリューションをご紹介します。

当社ブースへのお客様のご来場を心よりお待ちしています。
日時 2018年10月25日(木)〜2018年10月26日(金) 10:00〜18:00
会場

東京国際フォーラム・ホールE・ホールB・ガラス棟(東京・有楽町)

対象者 金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。
それ以外の方は、入場券が必要となります。ご注意下さい。
参加費 無料
申込方法

「FIT2018」ウェブサイトをご参照ください。

プログラム FIT 2018
主催 日本金融通信社(ニッキン)

出展内容

組織における内部不正の予防策として、IPAが公開するガイドラインにも「管理や監視を強化することで捕まるリスクを高める」「技術的な対策を強化することで犯罪行為を難しくする」などが記載されています。
ジャパンシステムは内部不正対策として、「不正操作の監視による抑止」と「多要素認証による認証強化」のソリューションをご紹介します。

■不正操作の監視による抑止

SMART Gateway(スマートゲートウェイ)は、PC・サーバ・ネットワーク機器などICTインフラの操作監視・制御ソリューションです。管理対象機器で実行された操作を自動記録し、事後調査のためのログ分析・出力機能を提供します。これにより、証跡を確実に押さえ、事故発生時はすみやかな原因特定を可能とする「追跡容易性」を実現し、セキュアな運用を支援します。

■多要素認証による認証強化

ARCACLAVIS Ways(アルカクラヴィス ウェイズ)は、ID、パスワードによる認証を、ICカードや生体情報を利用した「多要素認証」に強化します。多要素認証以外にも「シングルサインオン」「暗号」の機能が含まれており情報漏えい防止のトータルソリューションとなっています。
また昨今普及が著しいRPAソリューションですが、ロボットが必要とする認証についてARCACLAVIS Waysと連携し、 認証を強化した自動化が可能となります。