CSR(企業の社会的責任)

ジャパンシステムは、企業価値を高め、かつ透明性の高い経営、健全な事業活動や社会貢献を通じて、社会に対する責任と義務を果たしつつ、社会全体のさらなる発展に貢献していきたいと考えています。

行動憲章

わたしたちジャパンシステム株式会社は、常に企業価値の最大化を目指し、お客さまをはじめ株主の皆さま、取引先、従業員、社会において最大満足を追求し続けていきます。この行動憲章は、経営理念を具体的行動に移すにあたり遵守すべき重要事項をまとめたものであり、あらゆる事業活動において優先されるべきものです。

お客さまとの関係
わたしたちは、すべてのお客様に対して公正な取引をするとともに、お客様の立場に立って行動します。
わたしたちは、社会に有用な製品・サービスを個人情報や顧客情報の保護をはじめとする各種法令に十分配慮して開発、提供し、お客さまの満足と信頼を獲得します。
取引先との関係
わたしたちは、社会のルールを遵守し、すべての取引先に対しても公正、透明、自由な競争並びに適切な取引を行います。
株主さまとの関係
わたしたちは、株主の皆さまの正しい理解と評価を得るために、開かれた企業として、企業情報を積極的、かつ公正に開示します。
従業員との関係
わたしたちは、従業員の人格・価値観を尊重するとともに、働きやすい職場環境の維持・向上に努めます。また、従業員が能力を十分に発揮できるよう職場風土の醸成に努めます。
社会との関係
わたしたちは、社会の発展なしには企業の発展はあり得ないことを強く認識し、地域社会との交流を通じて共に発展することを目指します。
わたしたちは、社会に貢献する企業として、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、企業活動のあらゆる面で環境保護に配慮した事業活動を行います。
わたしたちは、社会から疑惑や不信を招くことがないように、反社会的勢力及び団体とは毅然とした態度を示し、これらを排除する姿勢を貫きます。
わたしたちは、本憲章の精神の実現が自らの役割であることを認識し、社内に徹底するとともに、グループ企業にも周知します。また、社内外の声を常時把握し、実効ある社内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。

本憲章に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたる姿勢を内外に明らかにし、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。

品質基本方針

基本理念

当社は、お客様の発展に貢献するため、安心・安全にお使い頂く製品・サービスを提供し、信頼される企業であることを目指します。

基本方針

品質保証

構築した品質マネジメントシステムを運用し、製品・サービスの品質を確保します。

人材の育成

当社のサービスの1つとして、顧客付加価値の創造に貢献できる人材を育成します。

環境基本方針

基本理念

当社は、IT企業として、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、企業活動のあらゆる面で環境保護に配慮した事業活動を行います。

基本方針

環境マネジメントシステムを構築し、継続的改善を図ることにより、持続可能な社会の実現に貢献します。

環境関係法規等の遵守

環境に関する法律、規則、規格を遵守するとともに、自主的な管理基準を定め、環境管理レベルの向上を図ります。

環境に配慮した社会貢献

全従業員が環境を意識した自律的な行動ができるように啓発活動を行い、環境意識の向上を図るとともに、自社ソリューションを通じて、顧客・社会の環境改善への貢献に努めます。

環境保全活動の継続的推進

この環境方針達成のために環境目的、目標を設定し、これを定期的に見直します。
この環境方針は全従業員に周知するとともに、その達成に努めます。

情報セキュリティ基本方針

基本理念

当社は、経営理念に基づき事業運営するにあたり、情報セキュリティの重要性を充分に認識し、情報資産を適切に保護するため、ここに情報セキュリティ基本方針を定め、以下のことを行います。

基本方針

環境の整備

情報セキュリティの管理体制を確立し、当社が管理している情報資産の適切な保護に努めます。

法規制、社会規範などの遵守

情報セキュリティに関する法規制、契約、事業上の情報セキュリティ要求事項を遵守します。

教育・訓練

役員、従業員、協力会社社員などに対し情報セキュリティの確保に必要な教育を実施します。

継続的改善

情報セキュリティに関する活動を継続的に見直し、改善に努めます。

2021年8月1日
ジャパンシステム株式会社
取締役 代表執行役社長 斎藤 英明