50年のあゆみ

1969年の創業以来、ジャパンシステムは50年以上にわたり日本の情報化進展に寄与し、さまざまな価値を創造してきました。情報技術で社会の安全性や安定性を支え、快適性や利便性を高めることが私たちの使命です。当社はこれからの50年も、変わらずに情報技術で新たな価値を創造し続けます。

価値創造にこだわった50年とこれからの50年

1970年代

情報化時代の黎明期に創業

1969年 受託穿孔業務を目的として創業
1970年 ソフトウェア受託開発業に進出
1970年代前半 制御システム分野・汎用機分野に進出

人工衛星軌道制御システムや銀行オンラインシステムを受注

1980年代

日本各地へパッケージ化で情報化を推進

1980年代 日本全国の拠点を整備(九州・関西・北海道・東海)
1983年 パッケージシステムの開発・販売を開始

自治体向け財務会計システム「FAST」をはじめ、土木設計や病院検査を支援するパッケージシステムを開発。廉価で短納期のパッケージ販売により各分野の情報化を推進

1988年 認定システムインテグレータに選定

通産省(当時)が新たに制度化した「システムインテグレータ選定制度」では、技術・体力・実績などが評価され、全国で73社のうちの1社として選定

1990年代

すべてが情報化される時代 大型コンピューターからパソコンへ

1990年代 金融・通信・製造・流通など、システム開発領域を拡大

金融・移動体通信・製造業・流通業・官公庁など、業界を問わずさまざまなシステムを受託

1994年 「FAST」のクライアントサーバー版を発売

汎用機やオフィスコンピューターによるシステム利用から、クライアントサーバーとパソコンでシステムを利用する時代へ。クライアントサーバー版の発売や、ラインナップの拡充は、自治体経営の効率化に寄与。「FAST」ブランドは自治体における高い認知度を獲得

1990年代後半 エンドユーザーの開拓

蓄積された技術力と実績・信頼を武器に一次請け案件を積極的に開拓。製造業の生産管理システムや流通業のECサイト構築などの大型案件を受注

2000年代

社会の発展をシステムで支援

2000年代 移動体通信向け料金システム

1990年代後半以降、移動体通信の加入者は加速度的に増加。移動体通信のトラフィックを支える料金システムは当社最大のプロジェクトに

2002年 「FAST」自治体経営を支援するシステムへ

財務会計データの活用による新しい行政経営を支援するシステムとして「FAST」を再定義

2010年代

安心・安全・便利のために 持続可能な社会のために

2010年 PCセキュリティ「ARCACLAVIS」シリーズの販売開始

情報化の進展により一層のセキュリティ強化が必要とされる時代へ。事業の譲渡によりPCセキュリティ分野に本格参入

2017年 旅行業不正検知共通プラットフォーム「JIRSTA」の運営開始

電子商取引が普及し、クレジットカードの不正利用が増大。旅行業界全体で不正利用のデータを集約・蓄積し、不正防止に役立てる共通プラットフォーム「JIRSTA」の運営を開始

2018年 天草研究開発センターの開設

日本の地域社会が抱えるさまざまな課題を解決するために、情報技術で貢献する事を目指す研究開発センターを開設

2019年 地域課題解決ソリューション創出に向けて

「BizRobo!」(RPA)を活用した自治体業務生産性向上、ネットワークカメラ映像の読み取りによる観光客動態把握など、自治体との共同実証実験を実施中

当社は、日本におけるIT系ベンチャーの草分け的存在として1969年に産声を上げました。そして、日本の経済成長に合わせるように社会インフラ構築に参画し飛躍。中でも、金融・通信・流通・製造業において大規模な基幹システムやナショナル・プロジェクトでの開発を担い、業界に先駆けた先端技術を活用するとともに常に誠実さをもってシステム構築し、日本の経済基盤を支えてきました。

また、業界に先んじて地方自治体の財務会計ソリューション「行政経営支援サービスFAST財務会計」の製品化を実現し、セキュリティ分野においても力を入れてきました。そして、2020年代に入り、日本はさらなるデジタル変革期を迎え、経営やその基盤を支えるシステムに新たな価値が求められています。当社はこれまで培った実績を活かしつつ、これからもさらなる飛躍を遂げていきます。今後50年もこれまでと同様に、お客様の期待を超える新たな価値創造に挑み続けることが私たちの使命です。

  • 1970
  • 1980
  • 1990
  • 2000
  • 2010