現在地
内部情報システム

「公開羅針盤+C」

サービスに関するお問合せ

内部情報システムの公開羅針盤+C

暗黙知の共有・知の基盤

内部情報システム「公開羅針盤+C」は、これまで蓄積されたデータを「知識」・「ノウハウ」として共有し、「庁内コミュニケーションから「自治体間コミュニケーション」・「地域コミュニケーション」へ発展させ、事務効率だけではなく「住民サービス」・「自治体経営」に寄与できるシステムです。
自治体向け財務会計システム「FAST」と親和性が高く、内部情報系システムとしても提案できます。

メリット

  1. 「知識」「ノウハウ」を共有するナレッジコミュニティの場を築きます。
  2. 「事務効率」だけではなく、「経営資源」ツールとして経営視点・住民視点からのデータ分析が可能です。
  3. 「自治体コミュニケーション」から「地域コミュニケーション」「自治体間コミュニケーション」へ発展させることができます。

機能

  • 役所の課題や職員の状況など、役所の動きを把握できる『ポータルサイト』
  • コミュニケーションツールを超越し、住民サービスにも着目した自治体専用『グループウェア』
  • 電子文書の可視化、紙文書の保管・保存プロセスも強力に支援する『文書管理システム』
  • 管理職、庶務担当、一般職員様の視点ごとに必要な機能、操作性にこだわった『庶務事務システム』

システム概要

公開羅針盤+C 機能一覧

GW:電子メール、共通様式、アンケート、電子掲示板、行先表示板、電子回覧板、施設予約、在庁ランプ、仕事管理(タスク管理)、スケジュール、職員名簿、みんなの声(CRM)、三役日程調整、電子キャビネット、職員ポータルサイト、行事予定、電子会議室 文書管理:受付・配布、簿冊管理、収受文書管理、保管場所管理、起案文書管理、保存箱管理 電子決済:ルート設定、承認・決裁 庶務事務:出勤管理、週休日の振替等管理、時間外勤務管理、特殊勤務、年休管理

お問い合わせ

サービスに関するお問合せ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

製品情報・ソリューション

ソリューション


サービス