現在地

個人情報の保護

個人情報の保護を強化したい

個人情報保護の運用負荷やコストを低減したい

個人情報の保護を強化したい

課題

個人情報の漏えい事故、事件が多発しています。犯罪性の有無に関わらず、個人情報の漏えいは、企業にとってビジネスの継続にも大きな影響を及ぼすインシデントになりかねません。

企業が保管、利用するさまざまなデータの中でも、特に慎重に扱うべきお客様に関する個人情報。セキュアに保護する対策にはどんなものがあるのでしょうか?

解決策

個人情報へのアクセス管理、個人情報が保管されている端末のセキュリティ向上、データの暗号化、アクセスログの収集など、個人情報の漏えい対策には、実施すべき対策が数多くありますが、これらがオールインワンに統合された製品が「ARCACLAVIS Rex」です。「ARCACLAVIS Rex」は、デバイス制御、シングルサインオン、暗号化、ログ収集などを盛り込んだトータルPCセキュリティを実現します。

また、情報漏えい対策ソフトウェアの「ARCACLAVIS Police」を導入すれば、USBメモリ制御やP2Pソフト制限はもちろん、各種インターフェース(USBポート、ネットワーク、プリンタ、アプリケーションなど)への対策をさまざまな形で実現し、情報漏えいをポリシー設定で防止することができます。

個人情報の漏えいは、USBメモリなどに加え、紙媒体への出力による漏えいというケースも存在します。「ARCACLAVIS Rex」や「ARCACLAVIS Police」が備えるデバイス制御機能はそうしたリスクを軽減することができます。

対応製品

ARCACLAVIS Rex

シングルサインオンをはじめ、暗号化、個人認証、外部デバイス制御などのエンドポイントセキュリティを、ICカードなどの認証デバイスなしで実現するソリューションです。

詳細を見る

ARCACLAVIS Police

クライアントPCのさまざまな入口、出口のコントロールができる、専用サーバ不要な情報漏えい対策ソフトウェアです。

詳細を見る

個人情報保護の運用負荷やコストを低減したい

課題

個人情報保護対策は、個人情報が保管されている端末のセキュリティ向上、データ自体の暗号化、アクセス権の管理、アクセスログの収集など多岐にわたり、情報システム部門にとっては運用、管理負荷が大きな問題となります。また、それら対策を個別に導入すると、コストアップにつながります。個人情報保護対策の運用負荷とコストを抑えるために何をすべきでしょうか?

解決策

「ARCACLAVIS Police」は、専用サーバが不要で導入できる情報漏えい対策ソフトウェアです。低コストで、デバイスやアプリケーションの実行制御などの漏えい対策を実現します。管理者はActive Directoryのグループポリシーエディタで、簡単にポリシーを設定することができます。また、クライアントの禁止操作があった場合には、自動的に管理者にメールが届きますので、リアルタイムに違反を検出することができます。

トータルのエンドポイントセキュリティソリューションである「ARCACLAVIS Rex」は、シングルサインオン、暗号化、ログ収集など多彩な機能で情報漏えい対策を実現します。認証情報や権限情報などの変更を一括で行うこともできますので、管理者の運用負荷を軽減することが可能です。

対応製品

ARCACLAVIS Rex

シングルサインオンをはじめ、暗号化、個人認証、外部デバイス制御などのエンドポイントセキュリティを、ICカードなどの認証デバイスなしで実現するソリューションです。

詳細を見る

ARCACLAVIS Police

クライアントPCのさまざまな入口、出口のコントロールができる、専用サーバ不要な情報漏えい対策ソフトウェアです。

詳細を見る

もっと詳しく知りたい方は…

お問い合わせ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。