現在地

目的別

認証の強化

ITがビジネスにとって欠かせないものとなり、企業にはさまざまなITシステムが導入されています。社内ネットワーク、業務アプリケーション、会計システム、ファイルサーバ、クラウドサービスなど、それらのシステムへログインするたびに、利用者はID/パスワードを入力しなければならないケースが増えています。

その結果、ID/パスワードによる認証は、強固なセキュリティとはいえない状況になってしまいます。分かりやすい数字の羅列や、意味のある簡単な単語に設定されたパスワードは、他人からも簡単に類推できてしまい、“なりすまし”や“不正利用”のリスクも高くなります。

こうしたシステムへのログインの本人認証を強化することが、セキュリティ強化の第一歩となります。ARCACLAVISシリーズは、さまざまなシステムへの認証を安全かつ効率的に、そして管理者の運用負荷を軽減するセキュリティソリューションを提供します。

スマートフォン・タブレットの認証強化

スマートフォン・タブレットのセキュリティを強化、BYODも含めたモバイル端末をセキュアに運用管理する方法をご紹介します。

詳細を見る

シンクライアントの認証強化

シンクライアントのセキュリティを強化、セキュリティ管理の負荷とコストを抑えるポイントをご紹介します。

詳細を見る

シングルサインオンで一元管理

面倒なシステムへのログインを簡略化する方法や、シングルサインオンでもセキュリティを強化できる対策をご紹介します。

詳細を見る

ICカードの導入

ICカード認証でできることとは何か、FeliCa、MifareなどのICカードと連携してセキュリティを強化するにはどんな対策をとるべきかをご紹介します。

詳細を見る

生体認証/バイオメトリクスで認証強化

厳重なセキュリティ環境を構築したい、特に生体認証/バイオメトリクスの導入を検討されている方に導入のポイントをご紹介します。

詳細を見る

小規模向け認証強化

コストを抑えてセキュリティを強化する方法、専任担当者がいなくてもセキュリティ管理を万全にする方法をご紹介します。

詳細を見る

情報漏えい対策

近年、ニュースでも耳にする情報漏えい事件。対岸の火事と見過ごしておくわけにはいきません。“うちの会社は大丈夫”とたかをくくっていては、いつ自分の会社が当事者になるか分かりません。ITを活用したビジネスにおいて、企業には多くの顧客情報が保管されており、これらが漏えいすると加害者になり得ます。

個人情報漏えいの加害者ともなれば、金額面での莫大な賠償のほか、目には見えない信頼まで失い、それこそビジネスや企業の存続にも影響を及ぼしかねません。

今や情報を守ることは、単に保険のような意味合いのセキュリティ対策ではなく、企業にとって非常に重要なビジネスプロセスだといえます。ARCACLAVISシリーズは、外部からの攻撃や内部からの漏えいを防ぎ、安全なITプラットフォームの構築と運用を支援します。

データ保護・管理の徹底

手軽に低コストでデータ保護を行いたい、データの暗号化やデバイス制御を効率的に行う方法をご説明します。

詳細を見る

監査対応の強化

内部統制やコンプライアンスを遵守するためのログを、簡単に一元管理する手法をご説明します。

詳細を見る

個人情報の保護

個人情報の保護をより強化する方法、個人情報保護の運用負荷やコストを低減する方法をご紹介します。

詳細を見る

共有PCのセキュリティ強化

共有端末からの情報漏えい対策、共有端末のデバイス制御を効率良く行う方法をご紹介します。

詳細を見る