現在地

ARCACLAVIS Ways for Thin Client 特長

シンクライアント環境の本人認証の強化!

セキュリティの強化と利便性の向上を 簡単・安心・低コストで!

【ARCACLAVIS Ways for Thin Client V1.2】 最新版リリース!

「VMware Horizon View」の最新版への対応や、「HP t310」はじめとする新たなゼロクライアント/シンクライアント端末に対応した、「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」の最新版をリリースしました。本リリースにより、多様化するお客様の仮想化環境に幅広く対応できます。さらに、シングルサインオンの機能強化、運用管理面の強化などを加え、セキュリティ対策だけでなく、ユーザの利便性の向上、管理者の運用管理の負荷軽減も同時に実現します。

セキュリティの高いシンクライアント環境でICカード認証を行う意義

一般的にシンクライアント環境では、セキュリティの強化や利便性の向上、コスト削減といったメリットが主な導入目的となっています。しかし、「セキュリティ」の部分に焦点を当てると必ずしも十分とはいいきれません。

シンクライアント環境のセキュリティリスク

誰もがどの端末からでも自分のデスクトップにアクセスできる

従来のPC環境と比べると、シンクライアント環境は誰もがどの端末からでも自分のデスクトップにアクセスできる為、利便性が向上する反面、本人認証の必要性が高まります。

ID/パスワード認証によるセキュリティリスク

シンクライアント環境も従来のPC環境と同様、入口の認証部分はID/パスワードの為、「パスワードの盗難」や「メモの紛失」といったセキュリティリスクは改善されているとは言えません。

シンクライアント環境におけるICカード認証の必要性

シンクライアント環境は、「誰もがどの端末からでも自分のデスクトップにアクセスできる」こと、「入口の認証部分はID/パスワードの為、パスワードの盗難やメモの紛失といったリスクがある」という理由から、「なりすまし、不正アクセス」の危険性が従来のPC環境よりも増加します。
「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」はこれらのセキュリティリスクに対して”簡単・安心・低コスト”で対策を打つことができます。