現在地

ARCACLAVIS  Ways for Thin Client 「ICカード認証」と「シングルサインオン」でシンクライアント環境のセキュリティを強化 シンクライアント認証 シングルサインオン ログ収集

企業におけるシンクライアント環境の導入が急速に進んでいます。データはもちろん、アプリケーションなどすべてがサーバ側に置かれることで、セキュリティリスクが少ないと思われがちですが、実はそうではありません。
シンクライアント環境であっても、ID/パスワード認証によるログオン方式では「不正アクセス・なりすまし」のリスクは残ったままです。同様に外部からアクセスできる業務システムの不正アクセスリスクは従来の環境と変わりません。クライアントの仮想化だけでは、カバーしきれないセキュリティリスクはなお存在するのです。
従ってシンクライアント環境でも、さらなる「本人認証の強化」、「業務システム不正利用対策」が必要となります。

様々な仮想化システムに対応

  • Microsoft リモートデスクトップサービス
  • Citrix XenDesktop/XenApp
  • VMware Horizon View

   

製品概要

クライアント仮想化環境の強固なセキュリティを実現

ARCACLAVIS Ways for Thin Client(アルカクラヴィス ウェイズ フォー シンクライアント)は、シンクライアント環境における本人認証の強化と業務システムの不正利用対策を実現するソリューションです。ICカード認証やシングルサインオン、ログ収集機能などにより、セキュリティの強化と利便性の向上を実現します。

特長

シンクライアント環境の本人認証の強化

シンクライアント環境におけるセキュリティリスクの原因となっていた、ID/パスワード認証を強化することで、シンクライアント環境導入のメリットである、利便性の向上やコスト削減といった効果を最大限に受けることが可能となります。

「ICカード+パスワード」の強固な二要素認証

シンクライアント端末利用時の認証を「ICカード+パスワード」の二要素で強固に行います。ICカードはリーダライタに置いたままにする必要はなく、交通乗車券のようにタッチするだけでパスワード入力画面まで遷移することができます。FeliCa, Mifare のICカードに対応しています。

さまざまなアプリに対応するシングルサインオン

Webアプリケーション、C/Sアプリケーション、レガシーアプリケーションなどのさまざまなタイプのアプリケーションに対して、シングルサインオンによる自動ログインが可能となります。アプリケーション側の改修やネットワーク構成の変更は不要です。

万が一の場合、追跡が可能なログ機能

シンクライアント端末利用時のICカード操作やシングルサインオン利用時のログを記録します。共有アカウントでもICカードに紐付いたユーザのログが出力されるので、インシデント発生時に追跡調査が可能です。

緊急パスワードの発行で、紛失・盗難時も素早く対応

ICカードを忘れたり、紛失・盗難の際には、管理者が発行した緊急パスワードでICカードなしでもログオンすることが可能です。

製品詳細

特長

ARCACLAVIS Ways for Thin Clientの特長をより詳しくご紹介いたします。

詳細を見る

機能

ARCACLAVIS Ways for Thin Clientの特長的な機能についてのご説明になります。

詳細を見る

動作環境

ARCACLAVIS Ways for Thin Clientの動作環境についてのご説明になります。

詳細を見る

価格

ARCACLAVIS Ways for Thin Clientの導入価格についてのご説明になります。

詳細を見る

関連リンク

各製品についてのよくある質問をまとめました。詳細をご覧ください。

よくあるご質問