現在地

ARCACLAVIS Ways for Thin Client 機能

「セキュリティの強化」、「利便性の向上」を実現します。

ICカード認証

シンクライアント端末接続先の認証を「ICカード+パスワード」の二要素で強固に守ります。また、ICカードをリーダライタに置きっぱなしにする必要はなく、交通乗車券のようにタッチするだけでパスワード入力画面まで遷移することができます。

Point
すでにお持ちのICカード(社員証、交通乗車券、入退室カード)をそのまま利用できるので、新しくICカードを購入する必要はありません。また、回収も必要ないため、導入時の負担を軽減し、コスト削減にもつながります。

シングルサインオン

Webアプリケーション、C/Sアプリケーション、レガシーアプリケーションなど様々なタイプのアプリケーションに対して、シングルサインオンを実現します。
アプリケーション側の改修を必要としませんので、容易にシングルサインオン環境を構築できます。

Point
業務アプリケーションへの自動ログインに加え、「パスワード自動生成・変更」機能により、パスワード変更の手間も低減することができます。ユーザはアカウント管理から解放され、生産性の向上につながります。

ログ

ICカード動作やシングルサインオン利用時のログを記録します。共有アカウントでもICカードの識別で個人を特定できます。

Point
インシデント発生時にログによる追跡が可能となります。

Active Directory連携機能(オプション)

Active Directory上で管理されているドメインユーザの更新情報を取得し、Waysサーバにユーザ情報を自動登録することで、管理者の作業負荷を軽減できます。タスクスケジューラによって一定時間ごとに起動してActive Directoryにユーザ更新情報を問い合わせ、あらかじめ用意したひな形(テンプレート)に当てはめることによってWaysサーバ登録用のユーザ情報を生成して登録を行います。

Point
Active DirectoryとWaysサーバでのユーザの二重管理が不要になり、管理者の負担を大幅に軽減することができます。

シンクライアント端末接続先認証~シングルサインオンまでの流れ

1.シンクライアント端末に接続します。2.ログオン時にICカード認証が必要になるので、ICカードをかざします。 3.認証に成功するとWindowsにログオンします。 4.ログイン画面にアクセスし、アプリケーションを起動するとシングルサインオンができます。