現在地

ARCACLAVIS Rex 機能

Windowsログオン認証

ICカードや認証デバイスは不要。通常のWindowsの操作感でログオンします。共通アカウントでログオンする場合もRexユーザで個人の特定が可能です。

通常のWindowsの操作感でログオンします。共通のアカウントでログオンする場合もRexユーザで個人の特定が可能です。 クライアントPCを起動 Ctrl+Alt+Delキーを押下、ログオンパスワード入力 Windowsログオン!

Windowsへのログオンを制限したり、ログオンユーザごとにUSBメモリなどの外部デバイスの利用を制限するなど、Windowsログオンに関する操作を一元的・集中的に管理します。

PC使用制限機能

PCごとに特定ユーザのみ、あるいは特定グループに登録されたユーザのみ使用を可能にするなど、運用に合わせた柔軟な使用制限の設定が可能です。

外部デバイス・プリンタ使用制御機能

ユーザごとにFDDやCD-ROM、USBメモリ、外付けリムーバブルディスクの使用制御(読み込みだけ許可する設定もできます)やプリンターの使用制御の設定が可能です。

Windowsパスワード乱数化機能

ARCACLAVIS Rex の認証情報に乱数化したWindowsパスワードを含むドメインの認証情報を格納し、ARCACLAVIS Rex で管理しているID/パスワードによりドメインへログオンします。Windowsパスワードを乱数化することによりARCACLAVIS Rexのインストールされていないコンピュータからのログオンを不可能にします。

シングルサインオン

認証画面が表示されると自動的にID/パスワードが入力されます。
たくさんのID/パスワードを一元管理でき、利便性も高まります。

タスクトレイからウインドウ監視 登録されている認証画面が表示されると… 自動的にID/パスワードの入力、ボタンが選択され認証されます。

業務システムのID/パスワードを一括管理し、それらの情報を業務システムに対して自動入力(またはパスワード入力を補佐)することができます。
ユーザは複数のIDやパスワードを覚えておく負担から開放され、システム管理者はパスワードの管理を一元化することによって、複数の認証情報を管理する負担から開放されます。

自動認証機能

Web(ベーシック認証・フォーム認証)、WIN32アプリ、NOTES、自社開発のアプリケーション等の認証におけるID/パスワードなどの認証情報入力を自動で行うことができます。JavaやVB.NETなどのアプリケーションにも対応可能です。

キーボード入力機能

認証画面に対するキーボードの入力操作を記録し、その記録した入力操作を認証画面が表示された際に再生します。この機能を使うことで複雑な操作を要求する画面にも認証情報の入力を自動で行うことができます。

ポップアップ表示機能

従来のAutoLoginで自動認証できないシステムの認証ウィンドウが表示された場合に対象となる認証情報をポップアップ表示し、利用者の認証情報入力操作をサポートします。

ユーザによるパスワード登録/変更機能

業務システムに手を加えることなく、柔軟にシングルサインオン環境に移行することができます。

認証パスワード登録/変更をユーザ操作にて行うことができます。
既に稼動している業務アプリケーションへシングルサインオンを実現したいがパスワードはユーザが管理しているようなケースで、ユーザが現在の認証パスワードを登録させることにより管理者が業務システム側のパスワードリセットなどの操作をすることなく、シングルサインオン環境に移行させることができます。
また、ユーザによるパスワード変更時に、自動生成された乱数化パスワードに強制変更させることができ、業務システムのセキュリティポリシーをより強固なものに変えることができます。

パスワード自動変更機能

パスワードポリシーにより有効期限が決まっているパスワードの変更を自動で行うことができます。乱数パスワード生成の機能との組み合わせにより、各業務システムのパスワードポリシーを厳守し、パスワード変更の手間を省くことができます。

対応確認が取れている対象の一覧はこちら

マルチ・ログイン画面&パスワード変更画面対応

同じアカウントで複数のシステムにログインできます。更にパスワード変更を行った際に、該当する複数アプリケーションに対してパスワード変更情報が反映される機能です。
複数のシステムで同じアカウント情報を利用している際に有用です。

暗号化

ドライブ、フォルダ、外部メディアの自動暗号/復号ができます。
ネットワーク上の共有フォルダの自動暗号/復号が可能です。

ノートPCの置き忘れ、盗難にあっても暗号化されていれば、情報漏えいを防げます。

  • ドライブ暗号は全ユーザの「デスクトップ」や「マイドキュメント」の暗号化が可能で、暗号化フォルダへデータを移動するなど、利用者が意識する必要がありません。
  • ドライブ暗号機能とフォルダ・メディア暗号機能の両方を使うことで安全な運用範囲を広げることができます。
  • Internet ExplorerのキャッシュフォルダやOutlookなどのメールデータも暗号化対象にできます。
  • 暗号アルゴリズムはAES(256bit)で強固なセキュリティーを実現します。

特定のフォルダまたはドライブ内の情報を自動的に暗号化します。ファイルの拡張子が変更されていないため、特別なツールを介してファイルにアクセスする必要がなく、普段利用するエクスプローラから暗号化されたファイルを操作/編集が可能です。

対応OS

・Windows Vista Business/Enterprise/Ultimate SP2(x86)
・Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate SP1(x86/x64)

 ※Windows Vista(x86)では以下の機能が非対応です。
 ・リムーバブルメディア暗号
 ・FENCE(ENCRY Pro)ブリーフケース

自動暗号化/復号化

指定された暗号フォルダは自動暗号/復号され、ユーザは暗号フォルダ、非暗号フォルダなどを意識することなく確実にファイルを暗号化した状態で保持できます。また、ドライブ単位(C:¥、D:¥など)で暗号対象を指定するだけの「ドライブ暗号」機能では、指定されたローカルドライブ全体を暗号対象にすることもできます。

アクセス制御

許可されていないユーザからの暗号ファイルへのアクセスを制御し、ファイルの閲覧、移動、コピー、消去を禁止します。

メールやUSBメモリによる安全な持ち出し

自宅に個人情報の入ったデータをUSBメモリで持ち出したり、外部業者に ファイルをメールしたりするとき、暗号化しデータを持ち出すことができます。パスワードで暗号/復号ができ、専用のツール内で編集・更新ができます。さらに、有効期限を設定し、期限を過ぎた場合には自動的に削除することができ、データのカプセル化を実現しています。