現在地

ARCACLAVIS Police デスクトップ環境の制御、管理を簡略化 クライアントPCの情報漏えい対策を強化 外部デバイス制御 アプリケーション制御 デスクトップ制御 警告機能 Active Directory連携

情報漏えい対策では、クライアントPCそのものへの対策も必要ですが、クライアントPCにつながるさまざまな入口や出口、例えばUSBメモリやプリンタなどの外部デバイス、ファイル共有ソフトのようなアプリケーション、レジストリやスタートメニューの書き換え、ネットワークなどをいかに管理、制御するかが重要なポイントとなります。
例えば、外部デバイスは会社指定のUSBメモリのみ使用可能にしたい、ユーザの不正な操作を禁止したい、不正アプリケーションからのアクセスを遮断したいといったニーズに応えることのできる情報漏えい対策ソフトウェアが必要です。

製品概要

Active Directoryにも対応する、情報漏えい対策ソフトウェア

ARCACLAVIS Police(アルカクラヴィス ポリス)は、クライアントPCのさまざまな入口、出口のコントロールができる情報漏えい対策ソフトウェアです。USBメモリ制御やP2Pソフト制限はもちろん、各種インターフェース(USBポート、ネットワーク、プリンタ、アプリケーション等)への対策を実現し、情報漏えいを防ぎます。業務上不要なデバイスやインターフェースを簡単に制御することができます。

PCの情報漏えい対策に特化

特長

USBメモリ、CD/DVD、SDカードなどの外部デバイスを自在に制御

USBをはじめとする、さまざまな接続形態のCD/DVDドライブやUSBメモリ、記憶装置デバイスなどを使用禁止にできます。メーカ、型番、シリアル番号など、指定したもののみ利用可能という設定もできます。USBメモリやCD/DVDなどへの書き込みを禁止することで情報漏えいを防ぎます。

専用サーバ不要で高いコストパフォーマンス

導入にあたって専用サーバは不要です。サーバPCの購入や準備が不要なので、素早く容易に導入できます。サーバがなくても、Active Directoryを使って、後からポリシーを変更することも可能です。

Active Directoryによる管理で運用が容易

Active Directoryのグループポリシーによる一元管理が可能です。使い慣れたグループポリシーエディタでポリシー設定が容易に行えます。専用管理ソフトの操作を覚える必要はありません。もちろんスキーマ拡張も行いません。

スタンドアローン環境にも対応

Active Directoryを使わない環境でも対応できます。製品付属のツールで「ポリシー設定ファイル」を作成し、クライアントにインストールすることで、セキュリティポリシーを設定できます。「ポリシー設定ファイル」は、ウィザード形式で簡単に作成可能です。

ファイル共有ソフトの実行を禁止

大規模な情報漏えいにつながりかねないファイル共有ソフトの実行を禁止します。クライアントPCで禁止操作の発生や、設定の改ざんが検出されたら、管理者へメールで警告できます。また、改ざんされた設定は自動で修復されます。

製品詳細

特長

ARCACLAVIS Policeの特長をより詳しくご紹介いたします。

詳細を見る

機能

ARCACLAVIS Policeの特長的な機能についてのご説明になります。

詳細を見る

動作環境

ARCACLAVIS Policeの動作環境についてのご説明になります。

詳細を見る

価格

ARCACLAVIS Policeの導入価格についてのご説明になります。

詳細を見る

関連リンク

各製品についてのよくある質問をまとめました。詳細をご覧ください。

よくあるご質問