現在地

ARCACLAVIS LOCKey 手持ちのFeliCa搭載ICカードや携帯電話がPCの「鍵」に 簡単でシンプルなPCロックソフトウェア Windowsログオン認証 ログ収集 サーバ不要

個人情報の漏えいは「ちょっと目を離した隙に」起きてしまいます。従業員が不在になりがちな場所に設置されたPCや、お店のレジ、受付のデスクなど、離席時の不正アクセスを防止することは、情報漏えい対策として非常に重要です。とはいうものの、いちいち席を外すたびにロックをかけて、戻るとパスワードを入力というのでは、利用者の利便性を著しく損ないます。
また、学校や図書館、ネットカフェなどの匿名利用できるPC環境はネット犯罪の温床となります。不特定多数のユーザが利用する環境においても、不正利用対策、利用者履歴の記録はサービス運営上の義務と言っても過言ではありません。
簡単に導入でき、管理者の運用も容易で、しかも利用者の利便性を損なわないエンドポイントセキュリティが必要なのです。

製品概要

サーバ不要で簡単操作なICカード認証ソフトウェア

ARCACLAVIS LOCKey(アルカクラヴィス ロッキー)は、今お使いの「FeliCaカード」や「おサイフケータイ」をPCの鍵として使用可能なICカード認証ソフトウェアです。PCを利用する際には、いつもお使いのWindowsのユーザID/パスワードだけではなく、PCの鍵として登録した「FeliCaカード」や「おサイフケータイ」での認証が必要となります。ICカード認証の導入でPC利用時のセキュリティをより強化することができます。窓口端末などにも最適な製品です。

匿名利用できるPCを安全利用。カンタン・シンプルなPCロックソフトウェア

特長

ICカードをかざすだけで設定可能な簡単導入

ICカードをパソコンに接続されたICカードリーダ/ライタにかざすだけで、利用可能なICカードとして登録することができます。分かりやすいICカード管理画面により、1~2分程度で設定が可能です。一括登録なら、数百枚のICカードでのご利用も1枚分の登録作業で完了します。

ICカードとパスワードのダブルロックでPCセキュリティ強化

普段利用しているWindowsのユーザID/パスワードだけではなく、鍵として登録したICカードが必要となります。PC利用時のセキュリティをより一層強化することができます。あらかじめICカードごとにログオンするユーザID/パスワードを設定して、カードをセットするだけでWindowsへログオンすることもできます。

利用中のICカードをそのまま利用可能

社員証、学生証やおサイフケータイなど、すでに利用しているFeliCaチップを搭載したICカードを回収することなく利用することができます。これにより、導入時の手間やコストを抑えることができます。

  • 「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

オプションで利用者ログも簡単に保存

ARCACLAVIS LOCKeyログサーバ(オプション)を導入することで、“誰”が“どのPC”に“いつ”アクセスしたのかを記録することができ、不正利用時の対策として有効です。

緊急ログオン機能により業務を止めない運用が可能

ICカードを忘れたり、紛失や盗難に遭った際、管理者が発行した緊急パスワードでICカードなしでもWindowsにログオンできたり、ロックを解除することが可能です。

製品詳細

特長

ARCACLAVIS LOCKeyの特長をより詳しくご紹介いたします。

詳細を見る

機能

ARCACLAVIS LOCKeyの特長的な機能についてのご説明になります。

詳細を見る

動作環境

ARCACLAVIS LOCKeyの動作環境についてのご説明になります。

詳細を見る

価格

ARCACLAVIS LOCKeyの導入価格についてのご説明になります。

詳細を見る

関連リンク

各製品についてのよくある質問をまとめました。詳細をご覧ください。

よくあるご質問