現在地

公共・自治体

住民情報などの各種システムに求められるセキュリティ対策を迅速に実現

課題

次世代電子行政サービス基盤の構築が推進され、電子化が進むことで利用者は効率的で利便性の高い行政サービスを受けられるようになってきています。一方、公共・自治体においてはさらなる強固なセキュリティ対策、住民の個人情報の保護が求められています。

人の出入りの多い公共機関の共有PCのセキュリティ強化、なりすましの防止や本人認証強化など、住民の利便性を損なうことのない対策が急務です。

解決策

トータルセキュリティソリューションの「ARCACLAVIS Revo」は、ICカード認証、シングルサインオンなど、エンドポイントのセキュリティ向上を強力に支援します。職員のPCの情報漏えい対策にとどまらず、例えば、認証用のICカードに住基カード(住民基本台帳カード)を利用することで、共有PCなどの認証を容易に、しかも住民の利便性を損なわずに強化することが可能です。

さらに業務別にPCを使い分けてきた運用が見直され、クライアントの仮想化が進んできている公共・自治体様に安心してシンクライアント環境を利用していただくために「ARCACLAVIS Ways for Thin Client」をおすすめします。本人認証を「ICカード+パスワード」の二要素で行うため、セキュリティ向上を強力に支援します。

「公共・自治体」に関するARCACLAVIS製品

ARCACLAVIS Revo

ICカード認証、シングルサインオンなど、エンドポイントのセキュリティ向上を強力に支援するトータルセキュリティソリューションです。

詳細を見る

ARCACLAVIS Ways for Thin Client

シンクライアント環境における本人認証の強化と業務システムの不正利用対策を実現するソリューションです。

詳細を見る

もっと詳しく知りたい方は…

お問い合わせ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。