現在地

建設・不動産

JV(共同企業体)における現場事務所のセキュリティ強化

課題

中、大規模な工事、建設におけるJV(Joint Venture、共同企業体)では、共有すべき情報と各企業が持つ情報が混在し、また、ポリシーやガバナンスも各企業によって異なるため、共同で事業を行う上での効果的かつ生産性を損なわないセキュリティ対策が求められています。また、現場事務所における情報端末のセキュリティ対策も強化しなければ、図面などの機密情報漏えいのリスクも高くなります。

解決策

多くの構成企業が存在するJVでは、アクセスできる情報や職掌を厳密に区別する必要があります。現場のPCに、ICカード認証ソフトウェア「ARCACLAVIS LOCKey」を導入すれば、容易に本人認証を強化できます。

さらにトータルのエンドポイントセキュリティソリューション「ARCACLAVIS Revo」なら、Active Directory認証とも連携することができますので、大規模なセキュリティシステムの構築も容易です。

「ARCACLAVIS LOCKey」「ARCACLAVIS Revo」のICカード認証ソリューションは、発行済みICカードを回収することなく運用を開始できるため、多くの現場を抱える建設業や不動産業に最適なソリューションです。

「建設・不動産」に関するARCACLAVIS製品

ARCACLAVIS LOCKey

サーバ不要で、操作も簡単、ローコスト。お使いのFeliCaカードがPCの鍵になるICカード認証ソリューションです。

詳細を見る

ARCACLAVIS Revo

ICカード認証、シングルサインオンなど、エンドポイントのセキュリティ向上を強力に支援するトータルセキュリティソリューションです。

詳細を見る

もっと詳しく知りたい方は…

お問い合わせ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。