現在地

ARCACLAVIS Rexに関するよくあるご質問

Windowsログオン認証

このユーザでは、このPCだけ。このPCでは、あのユーザとそのユーザで可能、などのPCとユーザの使用可、不可を細かくコントロールできますか?

はい、できます。
1台のPCを特定の個人にしか使用させない、または1台のPCをあるグループで共有させたい場合など、ユーザに対して 使用できるPCを制限する機能があります。

インストールされたパソコンに対して、リモートメンテナンスを行いたいが利用できますか?

利用できるリモートコントロールを実現するソフトウェアと、できないソフトウェアがございます。

利用できるソフトウェア

  • Symantec pcAnyWhere 10.5 以降
  • クオリティ QND Plusのリモートデスクトップ機能(RCオプション)
  • エムオーテックス LanScopeのリモートコントロール(オプションパッケージの3)
  • VNC

利用することができないソフトウェア

  • Symantec pcAnyWhere 10.5より前のもの (ただし、10.5以降は利用可能です。)
  • IBM Desktop On-Call
  • InterCom LAPLINK GOLD
コンピュータのロックを解除するとWindowsのタスクバーが消えてしまったのですが?

スクリーンタイム社(http://www.screentime.jp/)の「スクリーンタイム for FLASH 」で作成したスクリーンセーバーを起動すると、ロック解除後にタスクバーが消えてしまう現象が稀に発生することがございます。
[画面のプロパティ]-[スクリーンセーバー]-[パスワードによる保護]のチェックをONにするか、Windows標準のスクリーンセーバーを利用していただくことで回避できます。

外部デバイス制御

ユーザ単位で外部デバイス制御を設定可能ですか?

ユーザ単位に設定可能です。
「フロッピーディスク」、「プリンター」、「CD-ROMなどの光学ドライブ」、「USBメモリなどのリムーバブルドライブ」の4項目毎に使用の許可、不許可、読み込みのみ許可などを設定できます。

シングルサインオン

対応実績のある一覧はありませんか?

あります。
こちらをご覧ください。

Outlookに対応していますか?

Outlook 2000 / 2002 / 2003 に対応しています。
こちらもご覧ください。

Visual Basicで作成されたアプリケーションの認証情報が取得できないのですが?

Visual Basicで作成されたアプリケーションの認証情報取得には対応しております。
ただし、Visual Basicのバージョンによっては設定ファイルの編集が必要となり、予めAutoLogin.iniにクラス名などを事前に登録する必要がある場合があります。
詳しくはマニュアルをご覧ください。

Netscape上で表示された認証情報が取得できないのですが?
申し訳ありませんが、対象ブラウザは Microsoft Internet Explorer Version 6 / 7 / 8 となっております。
シングルサインオン機能はどのようなアプリケーションに対応していますか?

Win32アプリケーション、ベーシック認証、フォーム認証に対応しています。
「Win32アプリケーション」とは、32ビットプロセッサ用のWindowsアプリケーションソフトウェアが要求する認証のことです。
「ベーシック認証」とは、Webサーバーとの間で認証する技術のひとつで、HTTPの要求/応答を使用します。
イントラネット上で共有フォルダなどにアクセスする際に利用されます。
「フォーム認証」とはhttpで作成されたログインフォームでの認証を示します。
たとえば「Yahoo!」のログイン画面などのような画面であれば可能です。

対応していない認証画面は何ですか?

ほぼすべての認証画面に対応可能です。しかしながら対応不可のケースもございますので、確認用のツールをご用意しております。お問い合わせください。

ファイル/ドライブ暗号化

特定のファイルを暗号化することはできますか?

圧縮暗号オプション機能を利用することにで対応可能です。
暗号化した自己復号型のファイルを作成できますので、メールなどでのお取引先様とのやり取りにお使いいただけます。

USBメモリ、SDカード、MO、フロッピーディスクドライブなどを暗号化対象にすること はできますか?
はい、できます。 ドライブ単位で暗号化対象とすることで使用できます。
USBメモリやSDカードなどの外部デバイス、メディアに「暗号化したファイル」と「平文のファイル」を格納することができますか?

はい、できます。
外部デバイス、メディア上にフォルダを作成し、自動暗号フォルダとして設定します。
暗号化が必要なファイルは、自動暗号フォルダへ格納することで自動的に暗号化/復号されます。
暗号化が不要なファイルは、自動暗号フォルダ以外へ格納することで平文のまま管理できます。

ネットワークドライブを暗号化することはできますか?
はい、できます。
インストールされているパソコンでデフラグを実行できますか?
Windows 標準のデフラグ機能は実行できます。

サーバ

何のためのサーバですか?

ユーザに対する各種設定情報のリモート管理が可能になります。
また、クライアントPCにインストールされているRevo/Rex アプリケーションのリモートバージョンアップも可能です。

管理サーバ、ログ収集サーバは専用機が必要ですか?

いいえ。
専用機である必要はありません。また管理サーバとログ収集サーバも同じマシンにすることも可能です。

Active Directoryは必要ですか?

いいえ、不要です。
Active Directoryがない環境でも、そのままお使いいただけます。
Active Directoryがある環境では、Active Directoryを利用した連携により、ユーザ登録、削除などの自動化も可能です。

サーバにはリレーショナルデータベースが必要ですか?

いいえ、不要です。
OracleやSQL Serverなどは必要ありません。

サーバが停止した場合には運用が止まることがありますか?

いいえ。
クライアントPCでキャッシュログオンを利用する設定になっていれば、ログオンおよび各種アプリケーションへのログインなどへの影響は無く、日常運用が停止する事態にはなりません。

サーバは二重化できますか?

はい、できます。
サーバは管理機能と中継機能で構成されております。
クライアントが直接接続するのは中継機能となります。
このため、中継機能を二重化することが望ましい構成です。
管理および中継機能が停止しても、クライアントにおいては、キャッシュが利用できますので、いずれの場合でもクライアントPCが利用ができない、という状態にはなりません。
ただし、管理機能にはユーザ管理情報がございますので、このデータのバックアップやRAID構成を推奨します。

人事・総務で利用しているデータベースシステムと連携させることは可能ですか?

他のデータベースシステムなどから、Revo/Rex 定義フォーマットの事前登録用CSVファイルを出力できる場合は、それをRevo/Rexサーバに自動インポートすることにより連携することができます。

操作・利用方法

導入検討している運用環境は利用者数がとても多いのですが、ユーザ登録作業が大変ではありませんか?

Revo/Rex サーバへの発行情報の登録は、GUI で1件ずつ登録する方法の他、 あらかじめ必要な項目を設定した CSV ファイルをインポートすることにより大量の利用者の発行情報を一括登録することができます。

トラブルシューティング

コンピュータのロック画面で、キーボード操作を行った際にOSの応答がなくなったのですが?

Microsoft Office 2003がインストールされていて、IME2003をご利用になっている状態で、ロック画面においてキーボード操作を行った際にOSの応答が無くなる不具合の発生が確認されています。
この問題はMicrosoft Office 2003 Service Pack1で修正されたことを確認しております。
下記方法に従ってMicrosoftよりアップデートモジュールを入手してください。
Microsoft Office 2003 Service Pack1のダウンロードサイトは以下のURLとなります。
http://www.microsoft.com/japan/office/system/2003sp1/default.mspx
既知の問題として、「Office 2003 製品に適用した Service Pack1は削除できない」となっておりますので、インストール前に下記URLを参照されることをお奨めいたします。
http://support.microsoft.com/default.aspx?kbid=873125

Symantec AntiVirus 10.0でスキャン処理が途中で止まってしまうのですが?

動暗号フォルダを利用している場合に、以下の時にスキャン処理が途中で止まってしまうことを確認しております。

  • SAV10.0およびSAV10.0(MR1)を利用している、且つFENCE-Proで自動暗号フォルダを利用している場合。
  • 完全スキャン/定時スキャンの場合。(Auto-Protectは正常に動作します)
  • OSがWindows 2000/XPである。

本現象によりファイルの破損は発生しませんが「暗号化フォルダをスキャンしようとした時点でスキャンが終了し、それ以降にスキャンされるはずだったファイルがスキャンされない」現象が起こります。
尚、本事象については、以下の回避方法が提示されています。

回避方法

  • SAV10.0(MR2)にて修正されております。
  • SAV10.0(MR2)以前でも、自動暗号フォルダをスキャン対象から除外することで回避は可能です。