現在地

[終了]5月13日~15日開催「情報セキュリティEXPO春 2015」

お問い合わせ

概要 リード エグジビジョン ジャパン株式会社主催の「情報セキュリティEXPO春 2015」に出展いたします。

展示テーマは「マイナンバー・サイバーセキュリティ基本法時代のビジネス基盤を支える多様化する脅威への対策セキュリティソリューション」とし、幅広いセキュリティ課題に適したソリューションのデモ展示をいたします。

セキュリティ対策の法整備が進み、マイナンバー制での「セキュリティ対策」は、漏えいさせてしまった際には罰則対象となります。
被害大となる内部からの情報漏えいインシデントへの対策や、標的型攻撃/サイバーアタックなどの外部脅威対策、不正利用/なりすまし/パスワード管理対策、紙やUSBデバイスなど媒体対策、仮想化による対策、一歩手前のビジネス脅威となるリスクの分析/評価を行うアセスメントサービスなど企業/団体に求められる高度なセキュリティ対策の課題解決ソリューションを、弊社ブースにて、是非ご確認ください。
日時 2015年5月13日(水)~15日(金) 10:00~18:00 (最終日15日(金)のみ17:00終了)
会場

東京ビッグサイト
〒135-0063
東京都江東区有明 3-10-1

ジャパンシステムブース:東館5ホール 東40-17

<ジャパンシステムブースへのアクセス>
[1]東5ホール入口へ
[2]入口入って直進
[3]交差する2つ目を左へ
[4]直進して左手側

参加費 無料(招待券または事前登録が必要) 
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社

展示会のご案内

展示会のご案内

対象

このような課題をお持ちの方々へ
・セキュリティインシデントを防ぐための対策は?
・マイナンバーを含む「特定個人情報」に対するセキュリティ対策は?
・PCの他、スマートデバイスを活用したいがセキュリティが不安…
・セキュリティ対策をしないとどんなリスクがあるの?
・デスクトップ環境化環境でWAN越しの印刷に問題がある…
・クライアント仮想化を導入したいが、既存のUSBデバイスは使える?

展示ソリューション

[展示ソリューション]。マイナンバーセキュリティソリューションとして、国際標準規格ISO27005ベースの情報セキュリティリスクアセスメントサービス、生体認証による厳格な本人認証のARCACLAVIS Waysアルカクラヴィス ウェイズ、紙媒体からの情報漏えい対策のSmartSESAME SecurePrint!セキュアプリント!、既存ネットワークに認証認可を連携させダイナミックにアクセス制御を実現するネットワーク認証/認可ソリューション。標的型攻撃やサーバーアタック対策のFireEye(ファイヤーアイ)、脆弱性攻撃対策のTippingPoint(ティッピンポイント)、端末紛失からの情報漏えい対策のVMwareHorizon6(ヴイエムウェアホライズンシックス)、USB仮想化ソリューションのVUMS(バムス)

展示内容

【評価/分析】 情報セキュリティリスクアセスメントサービス
【内部脅威対策】 ID/パスワード管理、認証セキュリティ、ネットワーク仮想化、デスクトップ仮想化、アプリケーション仮想化、仮想化対応印刷、仮想化対応USBデバイス管理
【外部脅威対策】 標的型/マルウェア対策、不正侵入防御