現在地

6月22日開催[東京]PCIDSSセキュリティフォーラム2018

お問い合わせ

概要 2020年に向けたクレジットカード情報の安全確立のため、 カード事業者は“実行計画”に基づき、カード情報を非保持にするか、PCIDSSに準拠することが求められています。
この“実行計画”の法的な裏づけとなる、割賦販売法の一部改正法が2018年6月に施行され、カード情報の安全管理は、加盟店にも直接の義務になります。アクワイアラーや特定の決済代行事業者(PSP)の登録制も始まります。
こうした流れの中、JCDSCは、カード加盟店や通販企業、サービス・プロバイダーの皆さまの、PCIDSS準拠や非保持化を支援するため、「PCIDSSセキュリティフォーラム2018」を開催します。

ジャパンシステムは本フォーラムのビジネスセッションに参加し、PCIDSS v3.2で求められる社内システムの「多要素認証」と「パスワード管理の機械化」について、セキュリティと運用効率の両方を向上させるソリューションを、カード会社での事例などを交えて解説いたします。生体認証についてもご紹介いたします。
講師:ジャパンシステム株式会社
セキュリティ事業本部  山本 勝彦
日時 2018年 6月22日(金) 10:00~16:40 (受付開始 9:30)
ジャパンシステム ビジネスセッション 2018年6月22日(金)16:00~16:40
会場

東京国際フォーラム(有楽町駅前)
ホールD5 およびD401・D503、ガラス棟会議室G402・G405・G409

対象者 ご参加はPCIDSSへの準拠対象となる、カード加盟店、通信販売企業、PSP、サービス・プロバイダー、カード会社の皆さまを優先させていただきます。
参加費 無料
申込方法

お申し込みボタンをクリックますと、「PCIDSSセキュリティフォーラム 2018」のウェブサイトが開きます。「参加要項」の内容を確認の上「参加申込み・お問合せ専用フォーム」よりお申し込みください。

プログラム
09:30 受付開始 (全体受付はD館5Fです)
10:00 オープニングと案内
10:10~10:50 基調講演 / 経済産業省
11:10~16:40 4会場に分かれて、各40分間のビジネスセッションを20コマ実施します。
また、D館のホールD5受付ロビーと空中回廊への連絡ロビー(D4F)には、展示コーナーを開設し、会員企業17社による、展示と各20分のミニ講演を行います(D401・D503会場)。今回のミニ講演はガラス棟講演を織り交ぜてめぐりやすい時間割にしています。 どうぞご来場ください。
16:45 閉会
主催 主催 日本カード情報セキュリティ協議会 (JCDSC)
後援 (公社)日本通信販売協会(JADMA) (一社)日本クレジット協会 (JCA)