現在地

【終了】4月26日開催[大阪]自治体情報システム強靭性向上モデル対策セミナー

お問い合わせ

概要 昨年の日本年金機構における個人情報漏洩事案の発生や、マイナンバー制度の本格的な施行を迎えるにあたり、総務省は「自治体情報セキュリティ対策検討チーム」を設置し、地方自治体の情報セキュリティ強靭化に向けた緊急対策を打ち出しております。
具体的には、組織体制の強化やインシデント連絡ルートの多重化、インシデント即応体制の整備、インターネットのリスクへの対応などで、特に外部脅威となる標的型攻撃・サイバーアタック、内部脅威となる認証強化・持出し制御の対策などのセキュリティリスクについて、さまざまな観点から、検討・見直しを行う必要性を迫られております。
本セミナーでは、これらの求められる対策に関して、先進的な自治体様の取り組みや、課題解決のソリューションの紹介等を通して、最新のセキュリティ対策の情報発信及び、御参加頂いた皆さまによるディスカッションを通して、それぞれのお客様にマッチした対策を一緒に考えて参ります。
時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。
日時 2016年4月26日(火) 13:00~17:00 (受付開始:12:30~)
会場

大阪研修センター江坂 会議室D

〒564-0063 
阪府吹田市江坂町1-13-41
SRビル江坂(旧 NF江坂ビル)会議室D
TEL: 06-6386-4040

■ 交通アクセス:
・JR 『新大阪駅』から地下鉄御堂筋線『江坂駅』4分
・地下鉄『梅田駅』より9分
・地下鉄御堂筋線『江坂駅』から徒歩1分

対象者 自治体において情報システム・情報政策に関わる方

定員:15名(定員になり次第受付を終了させていただきます。)
参加費 無料(事前登録制)
申込方法

必要事項ご記入のうえ、下記アドレスへEmailをお送りください。
お申込み方法:Email:public-info@japan-systems.co.jp 宛て
■必要事項■
件名:自治体情報システム強靭性向上モデル対策セミナー(大阪会場)
本文:ご芳名、貴自治体名、ご所属・役職名、お電話番号、Email

プログラム
13:00-13:05 開催のご挨拶
13:05-14:05 【基調講演】富士市役所のセキュリティ強化対策への取り組み
講演者:富士市 総務部 情報政策課 OA化推進担当 統括主幹 深澤 安伸様
【内容】
セキュリティレベルを高めつつ、利用者の利便性を低下させない。」この課題に対応するための本市の取り組みを紹介します。  インターネット上でやり取りされる情報やサービスは、行政運営を行う上で大変重要なため、単純にインターネットを切り離すわけにはいきません。また、これらの情報やサービスを利用する際に、従来のやり方を大幅に変更しなければならないしくみは選択すべきではありません。  本セミナーでは、本市の取り組みとして、2要素認証の採用、シンクライアントシステムの採用、利用者の利便性を低下させずに、安心してインターネットを利用できる方法を紹介します。加えて、電子メールを含むインターネットと内部システムとの安全なデータ交換を実現するための対策も紹介します。
14:05-14:30 個人番号利用/関係事務環境への二要素認証の適用の実際
講演者:ジャパンシステム株式会社 システム基盤事業本部 第一ソリューション部 河又 淳
【内容】
個人番号を含む住民情報の安全確保の面から、事務実施者の本人確認の強化、アクセス制御、情報持ち出し不可設定などの端末セキュリティの強化が求められています。顔や静脈などの生体認証、ICカードによるデバイス認証を用いた窓口端末での共有アカウント利用時の実際、リモートデスクトップ接続など仮想環境との連携、自治体での利用例から見る運用/適用手法をご紹介します。 また、メール無害化、ネットワーク分離まで含めた弊社による強靭性向上モデル対応ソリューションの取組みを合わせて紹介します。
14:30-14:55 メールセキュリティを実現する無害化とふるまい検知
講演者:株式会社アズジェント プロダクト本部 テクニカル・ソリューション部 大石 忠司
【内容】
メールを悪用した標的型攻撃の手法は高度化しており、従来の対策では情報漏えいを阻止することは困難です。一方、多くの組織がメールを用いてのコミュニケーションを図っているため、メールの使用そのものを禁止することは現実的ではありません。 本セッションでは、攻撃者がいかに巧妙な攻撃を仕掛けてくるか事例を交えてご説明するとともに、ファイルの無害化ならびに振る舞い検知を行うことにより、標的型攻撃を防御し、安全かつストレスなく実施できるメール運用をご紹介します。
14:55-15:10 休憩
15:10-15:35 インターネット分離ソリューション
講演者:ジェイズ・コミュニケーション株式会社 事業推進部 営業推進部 野網 恵也
【内容】
インターネット接続による個人情報漏えいの防止を目的として、業務システム接続とインターネット接続のネットワークの分離が求められています。本ソリューションは仮想領域を最新のDocker/LXCコンテナ技術によって生成するため、従来のVDI(仮想デスクトップ)と比べ処理オーバーヘッドを大幅に削減します。業務効率とコスト面からもインターネット分離における画期的なソリューションをデモを交えてご紹介します。
15:40-17:00 ディスカッションプログラム
※プログラムは予告なく変更になる場合があることを予めご了承お願い致します。
主催 ジャパンシステム株式会社 共催:株式会社アズジェント、ジェイズ・コミュニケーション株式会社

セミナーのご案内(PDF版)

セミナーのご案内(PDF版)