現在地

8月31日開催[大阪]マイナンバー制度施行目前!自治体・公団体向け セキュリティ対策実践セミナー

お問い合わせ

概要 本年10月に、いよいよマイナンバー制度が施行となります。そのような中、多くの自治体様・公団体様で急務となる機密性の高い個人情報の保護とセキュリティの強化をテーマにしたセミナーを開催します。
セキュリティの強化に先導的に取り組む自治体様の事例を交えた講演や、マイナンバー制度施行に向けたセキュリティ強化に効果を発揮するソリューションの展示など、ご参考になる情報を取り揃えて、皆様のご来場をお待ちしております。
日時 2015年8月31日(月)10:00~17:00
会場

株式会社内田洋行 大阪支店(ユビキタス協創広場CANVAS) ※サテライト会場
大阪市中央区和泉町2-2-2

対象者 お申し込みは、公共団体職員またはそれに準じる方を優先させていただきます。
参加費 無料
申込方法

お申し込みボタンをクリックますと、株式会社内田洋行様ウェブサイトのお申し込みフォームが開きます。必要事項を記載の上株式会社内田洋行様ウェブサイトよりお申し込みください。
※お申し込み締め切りは8月28日(金)18時です。

プログラム
10:30~12:00 【基調講演】
藤沢市における情報セキュリティ強化の取組み
~マイナンバー制度施行に向けた情報セキュリティの勘所とは~
講演者
藤沢市 総務部参事 兼 IT推進課長
総務省 自治体情報セキュリティ対策検討チーム 委員 大高 利夫 氏
【内容】
公的機関においても個人情報の大量流出が発生するなど、セキュリティ事故の報道が相次ぐ中、本年10月より開始となるマイナンバー制度に対して、住民の不安が拡がっています。マイナンバー制度の施行に向け、全ての自治体において機密性の高い個人情報の保護とセキュリティの強化は急務となります。以前より情報セキュリティの強化に先導的な施策を進めてきた神奈川県藤沢市では、人的な面でもセキュリティ強化を図るべく、標的型メールによるサイバー攻撃を防ぐため、職員にテスト用の標的型メールを送る抜き打ち訓練を実施するなど、ユニークな取組みでも知られています。マイナンバー制度開始が目前に迫る中、自治体に求められるセキュリティ強化について、実例を交えながら解説します。
14:00~15:30 【セミナー】
地方自治体様、公団体様のセキュリティ対策をトータルにご提案!
~マイナンバー制度が始まる“いま”求められるセキュリティ対策とは~
講演者:株式会社内田洋行/グローバルセキュリティエキスパート/株式会社デジタルアーツ/株式会社トレンドマイクロ株式会社/株式会社ネットワールド
【内容】
本年10月のマイナンバー制度施行や、昨年11月に施行されたサイバーセキュリティ基本法に際し、全ての自治体様・公団体様ではセキュリティ対策を検討されていることと存じます。しかし、情報技術の高度化に伴い、昨今話題となっている標的型攻撃をはじめ、その防御は容易ではなく、セキュリティ対策も複雑化を究めています。本セッションでは、セキュリティ対策を検討される皆様の一助となれるよう、弊社及び協力企業から、マイナンバー制度やサイバーセキュリティ基本法に合わせたセキュリティ対策をご説明します。
技術的(組織的)安全管理措置として「サンドボックス」の分かりやすい解説や、複雑化するセキュリティリスクに効果的な「最新のセキュリティ製品」。また情報セキュリティに目を奪われがちな中で重要性を増す「物理的安全管理措置」や、最終的に行き着く職員様のセキュリティ意識向上などの「人的安全管理措置」…情報システムとオフィス空間の両面を得意にしている内田洋行と、セキュリティの最前線を進む協力企業だからこそできる、4つの安全管理措置から見た、今、最も有効なセキュリティ対策をご提案します。
主催 株式会社内田洋行

ジャパンシステムソリューション展示(10:00~17:00 終日開催)

アクセス者の識別と認証

共催社