現在地

4月21日開催[東京]新地方公会計活用勉強会 ~公会計改革と公共施設マネジメントから考える、「行政改革」のポイント~

お問い合わせ

概要 昨年、総務省研究会から、新地方公会計の「統一的な基準」が公表され、全国の地方自治体においても、その「統一的な基準」に向けた取り組みが進んで来ております。これに合わせて、本来の公会計の目的である、「公会計の効果的な活用」を目指した検討・取り組みも活発化してきておりますが、具体的なゴール、もしくは活用に向けた具体的な手法まで踏み込めていない団体が多いことが課題となっております。

 本勉強会では、弊社ソリューションストラテジストの松村より「公会計改革と公共施設マネジメントから考える、行政改革のポイント」をテーマに、総務省の最終答申に対する弊社のご提案を交えて、お客様それぞれが抱える課題等をお伺いするフリーディスカッションを交えた構成で、お客様の課題へのご提案をいたします。
 また基調講演として、「行政改革」の専門家である、東洋大学経済学研究科客員教授の南学先生をお迎えし、行政改革の実現に向けた、新地方公会計の活用について、事例を交えてご講演頂きます。

時節柄ご多忙とは存じますが、ぜひご参加を賜りたく、ご案内申し上げます。
日時 2015年4月21日(火) 13:00~17:00 (受付開始:12:30~)
会場

TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター カンファレンス9C

〒104-0031
東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング

■ 交通アクセス:
・JR 『東京駅』八重洲中央口 徒歩5分
 JR 『東京駅』八重洲地下街24番出口 徒歩30秒
・東京メトロ銀座線『京橋駅』7番出口 徒歩1分
・都営浅草線『宝町駅』 徒歩6分

対象者 自治体において公会計の運用、活用、行財政改革に関わる方


定員:25名(定員になり次第受付を終了させていただきます。)
参加費 無料(事前登録制)
申込方法

定員のお申し込みをいただきましたため、お申し込みを締め切らせていただきました。誠にありがとうございました。

ご質問等に関しましては、本ウェブサイトのお問い合わせフォームより、お問い合わせください。

プログラム
13:00-13:05 開催のご挨拶
講演者:ジャパンシステム株式会社 執行役員 公共事業本部 本部長 金田 昇
13:05-14:05 【基調講演】自治体行財政改革-「削減から経営」への処方箋
講演者:東洋大学経済学研究科 客員教授 南 学氏
【内容】
行政における資産マネジメントは、財務データを縦横に活用しながら、従来の行政サービス機能の組み替えや、担い手の変更、結果としての公共施設縮充などを伴う、真の「行財政改革」に結びつく。施設マネジメントと公会計改革を一体的にすすめることで従来型の縦割り発想を打ち破り、目標の共有化を達成する。 庁内で行財政改革の必要性についての共通認識を持ち、自律的に、時代と市民のニーズに応えた事業経営を進めるための「基本戦略と処方箋」について論じる。
14:05-15:05 公会計改革と公共施設マネジメント ~会計情報の活用について~
講演者:ジャパンシステム株式会社 公共事業本部コンサルティング部ソリューションストラテジスト 松村 俊英
【内容】
本年1月に地方公会計の統一的な基準が固まった。それは、従来、公営企業会計等においてのみ実施されていた「発生主義・複式簿記」による決算を、全会計に展開する事を求めるものとなっている。発生主義によって、新たに見えてくる情報は何なのか?また、それは施設マネジメントに使えるものなのか? 公会計の新基準について、導入への道筋を解説し、施設保全の大前提となる「財務の視点」を、公会計情報活用の観点から提示する。
15:05-15:20 休憩
15:20-17:00 ディスカッションプログラム
【内容】
勉強会講師を交え、ご来場頂いた各自治体様間での意見交換(質疑応答含む)を通して、ご来場自治体様の課題共有及び、その解決策となる情報(ノウハウ)の共有を目的としたプログラムです。
※プログラムは予告なく変更になる場合があることを予めご了承お願い致します。
主催 ジャパンシステム株式会社

セミナーのご案内(PDF版)

セミナーのご案内(PDF版)