各種制度
教育制度
新入社員導入研修
文系でも安心。約2ヶ月の研修を実施
入社後、集合研修でビジネスマナーから、開発に必要な基礎知識を学びます。その後も6ヶ月目、12ヶ月目の研修でフォロー。4年目研修を受講するころには全員が一人前の技術者になっています。
新入社員導入研修

<2016年度実績>

教育体系
各人のキャリアにあった教育を提供
新入社員導入研修から始まり、階層別研修はもちろん、開発や営業に必要な業務スキルはもちろん、ロジカルシンキングやプレゼンテーション、ファシリテーション、リーダーシップ等のビジネススキルやヒューマンスキルを身につけるチャンスが多くあります。またe-learningを使って最新技術の取得や、プロジェクトマネージメントを勉強する機会を提供しています。
教育体系
資格取得報奨金制度
自ら学ぶ人を積極的にサポート
社員がさまざまな資格を取得することを推奨しています。業務に関わる資格を取得した場合は報奨金を支給。情報処理技術者はもちろん、オラクル社やシスコ社のベンダー資格も対象になっています。AWS(Amazon Web Service)といったクラウド技術や、仮想化技術のVM-wareやCitrixといった最新技術にも対応するため、毎年見直しています。
報奨金例
高度情報処理技術者 20〜30万円 応用情報技術者 15万円
基本情報技術者 7万円 オラクル関連資格 5〜20万円
シスコ関連資格 5〜20万円 cPMP 30万円
簿記検定1級 15万円 簿記検定2級 8万円
TOEIC800点以上 15万円