日本の信頼を支える。これからもずっと。
日本の信頼を支える。これからもずっと。
自分の口座から、インターネット経由で他の銀行に授業料を振り込む。
新しい携帯電話のサービスが気に入ったから、電話会社を変える。
区役所に行って、様々な行政サービスを安全に利用する。
日本では、新しいサービスが次々と誕生しています。
それらを支えるシステムには信頼が不可欠です。

私たちは金融、通信、エネルギーといった社会インフラとなる分野と、
地方自治体を中心とする公共分野を中心に事業を展開してきました。
ここで培った信頼を次世代に引き継いでいきたい。
ジャパンシステムという名前に込められた思いは永遠に変わりません。
当社の3つの事業領域
当社の3つの事業領域
当社の3つの特徴
40年以上を超える歴史で蓄積された信頼
金融分野でも特に難易度の高いシステムを長年手がけている当社。その実績は、携帯電話(黎明期から)や料金システムの分野でも活かされています。膨大な量のデータを正確に処理し、落ちないシステム作りが私たちの強みです。
これからも進化する社会インフラ
サービス競争が激しい通信業界向けをはじめ、電力の自由化などにより、その活躍の領域もさらに広がる見込みです。さらに個人情報管理や個人認証等のセキュリティへの意識の高まりを予見し、新しい領域にも積極的に挑戦しています。
マーケットを代表する自社開発の製品
地方自治体で高いシェアを誇る財務会計システム『FAST』や認証セキュリティ製品『ARCACLAVIS』は自社で独自開発した製品。地方自治体の会計制度の変更や、顔認証や指紋認証等の新しい技術にも対応しています。