現在地

事業紹介

日本のシステムを支える。
日本の「信頼」を支える。

私たちジャパンシステムは金融、通信、エネルギーといった「社会インフラ」、地方自治体を中心とする「公共」、さらに「セキュリティ」を加えた3つの領域を中心に、長きにわたって事業を展開してきました。日本の人々の安心安全で快適な暮らしを、「信頼」に満ちあふれたシステムで支え続ける
―それが私たちの社名に込めた想いです。

ジャパンシステムの事業領域 エンタープライズ(金融。、通信、エネルギー、製造) 公共(中央省庁、自治体、外部団体)セキュリティ

3つの特徴

40年以上積み重ねた確かな実績とノウハウ
金融システムは「止まらない」こと、そして、膨大な量のデータを素早く正確に処理することが求められます。通信やエネルギー、公共分野でも同様です。当社はそのような高い要求レベルのシステムを40年以上も構築・運用してきた実績を積み重ねています。そのうえ、金融分野では特に難易度が高いシステムも手がけています。その中で蓄積した技術とノウハウは、例えば携帯電話の料金システムなどのように、黎明期から今に至るまでの幅広い分野に活かされています。

進化する社会インフラを担い続ける
金融や通信やエネルギー、公共といった社会インフラ。そのシステムを長年にわたり担っていることは当社の強みであり、使命でもあります。近年では、個人情報漏えいなどを防ぐための強固なセキュリティも求められています。また、電力自由化や自治体の会計制度の変更など、社会インフラは進化し、多様性が増していくもの。当社はそのような時代の変化に応えるとともに、ニーズを先取りした新しい領域にも常に挑戦しています。

マーケットを代表する自社開発製品
長年培った技術とノウハウを結集した自社独自開発の製品も当社の強みです。自治体の行政経営を支援する会計ソフト「FAST財務会計」は、地方自治体で高いシェアを誇ります。認証強化セキュリティ製品「ARCACLAVIS」は、指紋や顔などによる生体情報といった、新しい技術による強固なセキュリティを実現。そのうえ、シングルサインオンなどによって利便性も両立しています。これらの自社開発製品を有効活用し、お客様に最適なソリューションをご提供します。

企業情報