JAPAN SYSTEMS Driving for NEXT NEW with Comfort and Convenience

クレジットカード不正取引コラム(1)クレジットカード利用と増加する不正利用

インバウンドとクレジットカード被害額の推移

近年、クレジットカードおよびECサイト利用者が増加しています。クレジットカード利用においては、ECサイトの普及とともに日本においても「対面取引」から「非対面取引」に変わりつつあり、また、海外からの日本の製品・サービス利用も増加しています。クレジットカードやECサイトにより利便性は向上していますが、その反面、クレジットカード不正利用の問題が深刻化しています。

そして、取引が「非対面」であるほど、消費者および企業が被害に遭うリスクも高まります。

OTA(Online Travel Agent、オンライン旅行事業者)業界での不正状況はどうなっているでしょうか

まず、国内の延べ宿泊者数における外国人の数を見てみましょう。日本人と外国人を合わせた延べ宿泊者数の推移(図1左)は、2012~2016年の5年間で横ばい傾向です。それに対して、外国人延べ宿泊者数は年々増え続け、5年間で2倍以上に伸びています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの影響を考慮すると、今後も観光客は増加していくことが予測されます。

次に、訪日外国人観光客の推移の実績・予測(図1右)を見てみます。2020年には2014年の3倍近くにまで急増することが予測されています。

訪日する外国人観光客の増加に伴い日本はクレジットカード不正利用のターゲットになりつつあり、不正対策が必要不可欠になっていくと考えられます。
image03.png

図1

ECサイトの決済手段の中心であるクレジットカードですが、近年はクレジットカードを悪用した詐欺・不正が増加しています。2017年の被害額は236億円で、この2年間で倍増しています(図2)。その手口は番号盗用がほとんどで、クレジット不正利用被害における番号盗用被害は2017年にすでに70%を、2018年には80%を超えています(図3)。非対面におけるクレジットカード利用の普及に伴いさらに増加すると予測されており、深刻な問題となっています。

image01.png

図2

image02.png

図3

また、中国における為替交換金額制限などを受け日本のECサイト利用が増えつつあるほか、海外で発行されたクレジットカードの利用増に伴い詐欺の被害拡大も懸念されています。

※引用元
図1:日本旅行業協会の発表資料より引用
図2、3:日本クレジットカード協会の発表資料より引用



Adobe® Reader®

PDFファイルの閲覧には、Adobe® Reader®が必要です。

Adobe® Reader®のダウンロード

お問い合わせ