現在地

三井生命保険 様

お問い合わせ

1万台の営業職員向けタブレットのセキュリティ強化に
ICカード(社員証)を活用

“お客さまが安心できるサービスを実現するためには、セキュリティは重要な要件です。物理認証として既存の社員証を流用でき、シングルサインオンを実現できたことは大きなメリットです”

導入製品

ARCACLAVIS Revo

社名・団体名 三井生命保険株式会社 様
URL http://www.mitsui-seimei.co.jp/

課題

最高品質サービスの実現を目指し営業職員にタブレットを導入

三井生命保険株式会社(以下、三井生命保険)は、「『お客さま本位』の経営を推進し、すべてのステークホルダーに、安心を提供できる生命保険会社を目指す」ことを経営方針に掲げる老舗の保険大手だ。中期経営計画(平成24年度~平成26年度)においては、「最高品質」「安定性」「信頼性」の3つを事業運営の柱と位置づけた。この「最高品質」を具現し、「お客さまへの最高品質サービスの実現」に向けた取り組みをIT面で支えるのがエムエルアイ・システムズ株式会社(以下、MLI)だ。三井生命保険とMLIは、さまざまなサービス向上施策に取り組んでおり、その一貫として、営業職員が提案活動に利用するタブレットを導入した。

MLI テクニカルグループ 主管 鎌形 恭子氏は、「営業職員がタブレットを携帯し、その場でお客さまに最適な商品を提案し申し込み手続きまで行えるようにすることで、営業活動の強化とお客さまへのコンサルティングサービスの向上を図りました」と語る。

1万台のWindowsタブレットの導入では、軽量であることはもとより、営業職員がタブレットを携帯して、いつでも高速モバイル通信によるコンサルティングの提案が可能なことが求められた。その前提として必要なのは安全面の担保だった。持ち運んで利用するため、常に紛失・破損・盗難などのリスクが伴う。お客さま情報を取り扱う端末となるため、セキュリティ対策は必須であった。

弊社が選ばれた理由

社員証を活用し、お客さま情報を守るセキュリティを実現

三井生命保険とMLIは、導入するWindowsタブレットに端末内にデータを保持しない仕組みや、内蔵ディスク(SSD)の暗号化、紛失・盗難など緊急時の遠隔消去など、強固なセキュリティ施策を実施したが、さらに認証基盤としてARCACLAVIS Revoを採用した。鎌形氏は「非接触ICカードによる物理認証、Active Directoryとの連動、アプリケーションへのシングルサインオンなど、三井生命保険の認証要件を満たす唯一のソフトウェアでした。コストもリーズナブルであったことも決め手となりました」と当時を振り返る。

以前に利用していた専用USBキーのような物理認証装置を利用すると破損の原因になりやすいため、物理認証には、常に携帯している保険募集人登録証明書(兼社員証)のFeliCaカードを採用した。営業職員は、ログイン時や画面ロック操作時にWindowsタブレット内蔵のICカードリーダに社員証をかざして物理認証を行うことができる。

また、ユーザー管理を行っているActive DirectoryとARCACLAVIS Revoはシームレスに連動しているため、シングルサインオン機能を活用することで、アプリケーションが追加されても簡単に自動認証が実現できる。

ARCACLAVIS Revoのスムーズな導入・運用

情報提供や保険設計、コンサルティング提案のツールとしてタブレットを活用した営業活動の実運用にむけて、カードの交換・不携帯時の対応、パスワード変更など様々な課題が上がったがスムーズに解決することができた。MLI テクニカルグループ 副主任 大関 真信氏は、「ジャパンシステムの皆様にはタイトなスケジュールにも快く対応いただき、USBキーからICカード社員証への認証方式の変更も現場に大きな混乱もなく移行できました」と振り返る。また、MLI テクニカルグループ ITE 安田 尚弘氏は、「発生したさまざまな諸課題に対しても、カスタマイズ対応や的確なアドバイスによりスムーズに課題解決ができました」と話している。鎌形氏は「ARCACLAVIS Revoによる認証セキュリティは、とても満足のいくものでした。今後は、他の業務システムへのシングルサインオンの実現も検討していきたいと考えています」と語る。

効果

ARCACLAVIS Revoによる効果

ARCACLAVIS Revoの導入効果について、三井生命保険 システム企画部 上席システムアナリスト 大隈 俊幸氏は、「お客さまが安心できるサービスを実現するためには、セキュリティは重要な要件です。物理認証として既存の社員証を流用でき、シングルサインオンを実現できたことは大きなメリットです。認証の強化を含め、強固なセキュリティ環境を作れたことで、顧客の個人情報を安全に保ちながら、営業職員は安心してタブレットを持ち歩き、顧客とのコミュニケーションにより多くの時間を割けるようになりました。」と語る。

今後の展望

ジャパンシステムはサイバーセキュリティ基本法やマイナンバー制度などの守るべき個人情報の重要性が高まる市場背景を踏まえ、今後も、タブレットや仮想環境も含めたマルチプラットフォームへの対応や、さまざまなワークスタイルに沿った最新の認証セキュリティソリューションの提案を継続し、三井生命保険とMLIの目指す「お客さまへの最高品質サービスの実現」に向けたITでの取組みを強力に支援していく。

お客様の声

「お客さまが安心できるサービスを実現するためには、セキュリティは重要な要件です。物理認証として既存の社員証を流用でき、シングルサインオンを実現できたことは大きなメリットです」。

取材にご対応いただいた方
三井生命保険株式会社 システム企画部 上席システムアナリスト 大隈俊幸 氏
エムエルアイ・システムズ株式会社 技術・運用本部 テクニカルグループ 主管 鎌形恭子 氏
エムエルアイ・システムズ株式会社 技術・運用本部 テクニカルグループ 副主任 大関真信 氏
エムエルアイ・システムズ株式会社 技術・運用本部 テクニカルグループ ITエンジニア 安田尚弘 氏

お問い合わせ

サービスに関するお問合せ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問合せフォームにてお問合せ下さい。

導入事例