民間企業公共団体マイナンバー 印刷物セキュリティ強化ソリューションマイナちゃん

公共団体はもちろん、民間企業では、「給与事務、法定調書作成等の事務(個人番号関係事務)」にマイナンバーの記載が必須となり、国から発表されたガイドラインに従ってマイナンバー情報が格納される人事、経理、購買システムなどへの情報漏えい対策、セキュリティ対策を施していく必要があります。

ジャパンシステムでは、マイナンバー 印刷物セキュリティ強化ソリューションを提供しています。

マイナンバー情報の記載されたデータを印刷物として出力する際、マイナンバー 印刷物セキュリティ強化ソリューションを使用しICカードによる認証印刷を導入すると、印刷物の放置や取り間違えがなくなり、紙媒体からのマイナンバー情報漏えいをシャットアウトする事ができます。

特長

印刷セキュリティの強化

マイナンバー 印刷物セキュリティ強化ソリューションによる認証印刷を導入すると、自分の印刷したいタイミングで出力する事が可能になります。そのため、印刷物が放置されたり、他人の印刷物を誤って持ち出してしまったりという事がなくなり、マイナンバー情報漏えいの経路をシャットアウトする事ができます。 また、印刷が行えるプリンタは、マイナンバー 印刷物セキュリティ強化ソリューションにより許可されたプリンタのみです。「いつ」「誰が」「どのドキュメントを」「どのプリンタから」印刷したのかというログ情報も一元管理できるため、不正な印刷を未然に防ぐ事ができます

印刷物の放置を追放&ミスプリントを解決します

無駄な印刷や放置された紙文章を減らし、印刷物の取り違えや置き忘れによる情報漏えいを防ぎます。

「いつ」「誰が」「どのデータを」「どのプリンタから」印刷したか記録します複数メーカーの複合機が混在する環境でもログを一括収集・分析できるのでログやサーバの管理工数を大幅に削減できます。

いろいろなメーカーの複合機・プリンタをまとめて管理します

複合機とプリンタを一括管理できる機能を提供できます。一つの管理画面、一つの管理方法だけで機器のステータス管理、ログ管理、セキュリティ管理を実現し、システム管理者の運用管理業務を効率化します。

複合機メーカーごとの専用サーバ構築が不要!ニーズ・コストに応じて段階導入

メーカーごとに専用の認証サーバ、プリントサーバ、ログサーバの構築が必要ありません。そのため、初期投資の段階から不必要に多くの機能を抱える必要はありません。

複数の複合機メーカーに対応

メーカーや機種を問わず、どの複合機・プリンタにも対応して認証印刷環境を実現します。

共通基盤で認証印刷ソリューションの再調達を排除し、継続したシステム運用を可能に

マイナンバー印刷物セキュリティ強化 ソリューションを印刷・出力の共通基盤とする事で、複合機・プリンタの買い替え、買い増し時期に悩みの多い、不要な認証印刷システムのリプレイス費用を抑えます。さらに、メーカー統一、メーカー混在環境の選択で悩むことなく、度重なる初期投資コストや管理工数の削減をもたらします。

マイナンバー 印刷物セキュリティ強化ソリューションに関する詳細な資料、価格、導入に関するご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

担当部署
ジャパンシステム株式会社
システム基盤事業本部 営業部
TEL
03-5309-0320
FAX
03-5309-0313
E-mail
security-sales@japan-systems.co.jp
お問い合わせ

お問い合わせ

プライバシーポリシーをご確認いただき、同意した上でお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。